■2017/12/29〜2018/1/4は冬休みで沖縄。

■gocoupのシングルは2018年に持ち越し。

■こちらもぜひ。
https://soundcloud.com/hanzo_tv/

■2019年、そろそろ終わる説


十二月十九日(木)
■仕事帰りに木挽町。『白雪姫』二幕目。児太郎の演技の幅に改めて感心するなど。

しかしあの七人の小坊主は歌が上手い、と改めて思う。あ、劇団の子役に歌わせてるんじゃなくて、少年少女合唱団みたいな歌の上手い子供に演技を教えてるのかな。小坊主ではないか。


十二月二十一日(土)
■朝、勝どきの茶屋でカフェラッテ。この時期、『少年探偵事件ノート』という児童文学の本の最後の章を読み返したくなることがある。ので読み返す。


■夕飯、タコベルのセットが半額になるクーポンをそういえば持ってたのでタコベルに行く(今月で期限が切れるのです笑)。ブリトー(タコスではなく)とナチョスと飲み物のセットを発注。ブリトーは小さく見えるけど、実際に手に取るとなかなかずっしりの重量感。うむ。半額クーポン使って五百円弱。ということは、クーポンを使わないときの定価は千円近い。美味しいけど、このセットにこの定価を払えるかというと…。まあタコベルみたいな海外チェーンだとどうしても価格が海外基準になるんだろうな。近くにある「グズマン・イー・ゴメズ」も以前行ったことあるけど、もっと高かったしね。


十二月二十二日(日)
■朝、ネットで『しくじり先生』のメガドライブ回(前回のエントリを参照)。


■その後、木挽町で昼の部Bプロ。中車の『たぬき』は、彦三郎のタイコモチがなかなかいいね。『阿古屋』は、岩永は松緑…………かと思ったらなんか違う。九團次だった。AプロBプロで岩永も違うのね。

おれも、大きくなったら歌舞伎役者になって、重忠か岩永になって、三曲を舞台上で聞いてみたいです。

辨松で赤飯弁当買って帰る。


■弁当はハイボールを飲みつつM-1決勝戦を見ながら食べる予定だったんだけど、腹が減ってたので『所さんお届け物です』などを見つつ早々に食ってしまう。辨松の弁当にいちばん合う飲み物はハイボールだよな。異論は認める。

疲れてたのとハイボール飲んだのとで、M-1決勝戦は途中で寝ちゃったけど、なんというか今年は例年より全体のムードがなんか楽しげだったように思う。目が覚めたらミルクボーイなるコンビが優勝していた。


十二月二十四日(火)
■バカリズム結婚の報。令和元年という年は、春日、山里、若林、升野が結婚した年として後世の日本人に記憶されるのか。


十二月二十五日(水)
■新宿でカリーアップ(登録商標)、年内食べ納め。ふだん食べない組み合わせにしようと思って野菜×キーマ。


十二月二十六日(木)
■仕事を終えて帰宅。メシ食ってテレビ見るなどしてるうち、あ、今日ドラッグストアで耳栓買う予定だったのに忘れた、と思い出して、寒いなか再度出かけてドラッグストアで耳栓買う。

そう。あさって飛行機乗るからさー、耳栓は持っておかないとね。あ、例によって沖縄に帰省です。


■『しくじり先生』メガドラ回


■今日も『所さんの目がテン』は移住シリーズ…。ということで今朝はテレヴィジョンは消して代わりに『しくじり先生』のメガドラ回を見てました。←明日いっぱいまではこのリンクから見られるっぽい。

メガドライブ本体にメガCDやら32Xやらをくっつけた、いわゆる「メガドラタワー」の実物を目にした若林が「違法建築」って云ってたのが面白かった。


■うん、スーパー32X、おれも昔持ってました笑。コザの中古屋で安く売ってたのを見つけたんだよ。

ソフトは『DOOM』と『バーチャレーシング』は持ってたはず。『バーチャファイター』は中古市場では高いんだよね。

あと、番組の中ではメガドライブ用のカラオケとかモデムとか、そういったのも紹介されてました。こんなの実在したのか。何台くらい売れたんだろう。

あー、それと、コザの別の中古屋でメガジェット(※番組中には出てきません)売ってたの覚えてる。買おうかなと思ってるうちに売り切れてしまった。メガジェットの現物を見たのは、人生でこの時だけです。どうでもいいですか、こんな話。


■なにかで読んだんですけど、セガサターンはゲーム専門誌にしか広告を打たなかったのに比べ、プレステは音楽誌やファッション誌にも広く広告を展開していたらしいんですね。そこもサターンとプレステに差がついた要因のひとつなのかもしれない。

どんないい製品作ってたって、広告打たないとそもそも知ってもらえないし、消費者だって製品の存在を知らないと欲しがれないしね…。


■しかし、このエントリを書いてて改めて感じたのが、「かつてはコザにテレビゲームの中古屋があったんだなあ(しかも複数)」ということです。懐かしいね。


■猿弥(52)、玉三郎、児太郎、長三郎。その他近況


十二月八日(日)
■開演が正午じゃなくて11:30の国立劇場。まずは『盛綱陣屋』。午前中からゴリゴリの古典歌舞伎ってのも乙だねえ。新作ばかりが歌舞伎じゃないぜ! って、なんか倒錯したものいいになってますね(笑。でも実際この師走のお江戸では、三つの芝居小屋でそれぞれチャップリン歌舞伎、ナウシカ歌舞伎、グリム童話歌舞伎がかかっておるわけです)。

つづいてチャップリンの『街の灯』をもとにした『蝙蝠の安さん』。猿弥(52)が実質ほぼ二重人格の上総屋新兵衛という役を演じる。シラフになったときのそっけない感じがちょっと怖く、ふだんは見せない一面だなあと思う。でもいつもの調子で幸四郎とわちゃわちゃやってたりもする。猿弥(52)は盛綱陣屋の伊吹藤太もうまかった。いつも思うことだけど、この人が歌舞伎界にいてよかった。


■茗荷谷に戻って、駅からすぐの春日通り沿いの洋食屋でメシ。この店はいい意味で、昭和の「家族でちょっぴりだけ贅沢するときのお店」の面影があるな。


十二月十三日(金)
■諸般の事情で東京駅で駅弁を買うことに。以前、とある人(面識はない)のブログでたまたま見かけてちょっとだけ気になってた、とある駅弁を発見したので、それを買ってみる。食べる。1350円もしたのに大したことなかった…。


十二月十四日(土)
■早起きして恵比寿の外資系ホテルWで朝食。毎年この時期になると来る。

オムレツを焼いてくれるカウンターで、コックさんに「オムライスは作れますか」と頼んでみたのですが、やっぱりムリでした(笑。オムライスが食べたいときは素直に木挽町のYOUに行きましょう)。代わりに、白身だけのオムレツを作ってもらう。

ふだんこのWホテルではあまり米は食べないんだけど、今回は珍しくごはんをたくさん食べた。北海道の「ななつぼし」というお米だそうだ。おいしい。茶碗によそって、スクランブルエッグを乗せ、オリーブオイルとクルトン。おいしい。カウンターをよく見るとグリーンカレーもあるではないか。ななつぼしを皿に盛り、カレーをかけ、パクチーを乗せて食べる。おいしい。

ラーメンも食べた。カウンターでお願いすると作ってもらえる。

ラーメン

トリミングが変な写真ですが気にしないでください。しかし、なんか、あれだ、食べ物は美味しいけど、ホールにいささか人手不足感を感じる。Wホテルでも人手が集まんないのかなあ。気のせいか。


■夜、『細かすぎて伝わらない』特番。



十二月十五日(日)
■朝、『所さんの目がテン』。を見ようとしたら「移住シリーズ」だったのでチャンネルを変える(移住って科学と関係なくないですか?)。なのでなんとなくフジテレビを見ると、玉三郎と児太郎とEXILEの人の鼎談をやってるではないか。見る。しかし児太郎の髪型ややこしいな。笑

児太郎


■上野へ。国立科学博物館の『電子楽器100年展』。けっして広いとは云えないスペースに、テルミン、冨田勲、梯郁太郎にまつわる展示。たしかに小ぢんまりとした企画ではあったが、こっからですよ、こっから徐々に大きくしていって、最終的にはお隣の『ミイラ展』ぐらいになってほしい。

MC-8の実機が展示されていた。おもわずボタンに触れたくなる、端正なインターフェイス。電子楽器に限らず、最近はこういうシュッとしたボタン群をそなえたキカイをあまり見ないような気がする。


十二月二十日(金)
■仕事帰り、なんとなく初めてのラーメン屋に入ってみる。30代後半ぐらいの店長と、バイトの老婆の二人だけで店を回していた。老婆はポカが多く(「入ったばかりなんで…」と自分で云ってた)、ことあるごとに客にすみませんすみませんごめんなさいね、としきりに謝っていた。うーむ。その年齢でそこまでして働かないといけないいまの世の中ってなんなんだろうな、と思う。

ラーメンはまずくはないが微妙で、おれとしては珍しく、三分の一ほど残してしまった。


■夜、中村屋特番。長三郎の大物ぶりがやはり印象に残る。実質、長三郎特番? なんて。しかし『伽羅先代萩』の上演中に立ったまま寝るって、やはり大物だよな。笑

その後、木梨がゲストに出てる鶴瓶の番組を見て(おもしろかった)、『検索ちゃん』特番でオードリーの漫才を見る(おもしろかった)。この特番を見ることで年の瀬を感じるようになって何年目だろう。

検索ちゃんで宮下草薙が漫才してる時にチャンネルを変えると、そこにも宮下草薙が出てたのもおもしろかった。


■こういう夢を見た、という内容のエントリ


■朝、目が覚めたけど寒いのでなかなか布団から出られず、寝床でしばらくごそごそする。

────という内容の夢を見ました。なんとも夢がない夢だな。もっと夢があってもいいではないか。夢なんだから。


■あと、最近は、

地下鉄のとある駅構内で天井から雨漏りしており、その雨漏りの水でシャンプーしているオードリー春日を駅員がとがめる

という内容の夢も見ました。でも春日はピンクのベストを着てたから、あれはプライベートじゃなくてなんかの番組の収録だな。夢だけど。


■この後また、夢でお会いしましょう。アディオス(春日)。


■Yahoo!ブログ終了


■今日でYahoo!ブログが終了するようです。閲覧もできなくなるんだとか

なので、所ジョージの楽曲について語ってるブログがYahoo!ブログにあったなーと思い出して、そのブログをブラウザからローカルに保存しておきました。そう、アルバム『ホテル・チャイナタウン』に収録されている「アドア・ユー」がもともと山瀬まみに提供する予定の曲だったけど没になったから自分で歌うことになった(YMOで云うと「過激な淑女」パターンですね)とかさ、そういう豆知識が欲しいんですよね。


■そういえば有吉もYahoo!でブログやってたな、とふと思い出した。いま見てみたらエントリが1030ヶもあるのな。今日中には読み返せません。


■ちなみに吉本芸人は、かつて「ラフブロ」という吉本自前のブログサービスでブログを書いてたのですが、そのラフブロが無くなってからはYahoo!ブログがその受け皿となりました。

で、いま調べたら、吉本芸人はラフブロの前は「casTY ブログ」ってのを使ってたらしいですね。そうなのか。覚えてたような気もするし、忘れてたような気もする。

しかし歌舞伎役者って、アメブロ使いがちだよね。なんでなんだろう。以前から謎です。笑



<< 2/591 >>