■2017/12/29〜2018/1/4は冬休みで沖縄。

■gocoupのシングルは2018年に持ち越し。

■こちらもぜひ。
https://soundcloud.com/hanzo_tv/

■聞き逃してたけど、今日明日にラジコで聞くラジオ。


■自分用のメモも兼ねて。


■莟玉が、先週の金曜日に横浜のラジオに出てたことに気づきました

この日はこれとカブキチューンとで、二本もラジオ出てたのか。知らなかった…。ラジコで明日まで聞けます。おれは親切な人間なので、上記リンクは莟玉くんの出るコーナーに頭出ししてます。便利ですね。


『TOKYO SPEAK EASY』に山田ルイ53世(と住谷)。ラジコで今晩まで。

『シン・ラジオ』も面白いよねー。水曜木曜きいております。


■ザ・リターン・オブ・ビデオ・ゲーム・ミュージック(の変なジャケ)


「しゃもじ」が「ハンジロウ」に改名というニュースを聞いて、ハンジロウって名前、三四郎とかぶってるよなあ、しかも同じマセキだよなあ、などと思ってるうちに六月ももう四日目ですよ。

ひきつづき良い季節です。なんといっても明るいのが良い。午前五時も午後六時も明るい。そしてスーパーにはもうスイカの野郎が並んでやがります。コンヴィニエンスなストアーで昔アラブの偉いお坊さんが恋を忘れた哀れな男に教えてあげる系の飲み物を買うときも、熱いやつじゃなくて冷たいやつを買うようになりました。


■さて、前回は『ビデオ・ゲーム・ミュージック』について書きましたが、このレコードには、『ザ・リターン・オブ・ビデオ・ゲーム・ミュージック』という、ナカグロを五個も消費する続篇のレコードがあるんですね。

ザ・リターン・オブ・ビデオ・ゲーム・ミュージック

おれは、このレコードのことは知ってました。というか、買ったような記憶すらあります。福岡に住んでたころ、買った覚えがなんとなくあるんだよなあ。もう手放したのか、実家の押し入れに保存されてるのか……。謎は深まるばかりです。


■ところで、Discogsによると、この『ザ・リターン・オブ・ビデオ・ゲーム・ミュージック』にも、前作同様、(なぜか)ジャケットが二種類あるらしいんですね。

一種類は上記のジャケットで、もう一種類はこちら。

別ジャケット

………………。なんだこれ。中古屋で81円(税込)とか44円(税込)とかで売られてたとしても買うのをためらうな。「あげるよ!」と云われても断ってしまいそうだ。

これをデザインしたやつは、いったい何を考えていたのか。音楽に興味がないのか。ゲームに興味がないのか。それとも、とっとと入稿してとっとと帰りたかっただけなのか。それなら、うん、まあ、許す。


■しかしどちらのジャケットも、「前作からの続篇であること」と「ビデオゲーム(あるいはナムコ)にちなんだ作品であること」が伝わらないんだよな…。上のジャケットはかっこいいんだけどね。

ただ、Wikipediaによると、B面のナムコ作家+上野耕路による作品群はゲーム音楽と直接の関係がない内容らしく、そういうこともあってジャケットにナムコのキャラクターやゲーム画面を使わなかった(使えなかった)のかもしれない。

※画像はいずれもDiscogsより





■そして今日の『世界ふしぎ発見』はパンダ回ですね。莟玉くんがミステリーハンターって。すごいなあ。


■ビデオ・ゲーム・ミュージック


ビデオ・ゲーム・ミュージック


■「いつか買うだろう」、とぼんやり思ってて、何回か買う機会は確実にあったのに、なぜかそのたびごとにばっちり見送って、それでも「いつか買うだろう」と思いつづけて、やっぱり買わないままになっているレコード。

その一枚であるところの、『ビデオ・ゲーム・ミュージック』を、先日買いました。単純に、帯がなかったのでお安かったんですね。

しかし、このジャケ、いいよなあ。


■ところでこのレコードの帯(※画像検索してみてください)には、「ゲームセンターに初めて登場した『ゼビウス』に」云々、と4行の文字列がありますが、これ、中沢新一の文章なのですね。レコードといっしょに入っているライナーノーツの書き出しの部分なんです。

なのに、帯だけ見ると、まるで細野晴臣のコメントのように読めてしまう。そういう文字組みになっています。ま、おれが買ったレコードは上述の通り帯がないんですけども。


■で、Discogsを見てびっくりしたのですが、カセット版のジャケが載ってるのですが、おい、LPとイメージが全然違うぞ…。なんでこんなデザインなんだろう。

あと、もうひとつびっくりしたのが、wikipediaによるとジャケットが実は二種類あるんだそうです。

「レコードジャケットの人物の顔は、『ゼビウス』AREA 5の埠頭の写真に、口をつけたもの。ただし初期盤には口が無く、身体部分のイラストの色も異なっている

知らなかったなー、これ。太字は引用者による。


■「カリーアップ」のレトルトはまだかな


■今日は大雨でしたね。なんか今年の五月は天気に恵まれてないような気がする…。

それでも、夏至前の一ヶ月くらいの、だんだん日が長くなっていく感じは好きです。


■さて。最近は人気店とタイアップしたレトルトカレーがいろいろと店頭に並んでおります。いくつか買ってきました。

レトルトカレー

写真は左から、珊瑚礁(鎌倉)、Columbia 8(大阪+東京)、プティフ・ア・ラ・カンパーニュ(半蔵門)です。写真に撮り忘れたけど、ツナパハ(福岡)なる店のも買いました。

このなかで行ったことあるのはプティフ・ア・ラ・カンパーニュですね。前職で近所だったのです。あ、アジャンタも近所にあったな。でもいちばん行ってたのは「ガンジス」なるインドカレー屋で、昼食でよくテイクアウトで食べてました。まあ前職のことは、あんまり思い出したくないんだけど。いまも、半蔵門のあたりをウォーキング(というか徘徊というか)するときあの辺は避けるんだけど。そのわりにはこうやってカレーは買っちゃうわけだけど。だから、まあ、カレーのチカラってのは偉大なわけです(雑な文章)。


■それはさておき、Columbia 8のカレーを食べてみました。トッピングの袋が二つもあって本格的で美味しかったです。東京にもお店があるようなので、いつか行ってみたい。ちなみにColumbia 8のは三箱も買った。笑

しかし、「日本コロムビアの8トラックカセット」を連想してしまう店名だな。おれだけか。


■ところで、このようにいろいろと各店のレトルトが出てるので、おれの好きな「カリーアップ」もレトルトを作ってほしい。東京でいちばん美味しい、かどうかは分からないけど、東京でいちばんおれの口に合うカレーです。

でも、ほんとにレトルトが製品化されても、ヒューマンメイド限定販売で三食五千円、ぐらいになりそうだな。ほんですぐに売り切れて、メルカリに七千円くらいで出品される、という。笑


■ラム食べてます


■劇団ひとりのことを「劇ピン」って呼ぶタイプのお笑いファンは苦手ですが、ラム肉は好きです。

最近好きな食材なんですよね、ラム。先週は、骨付きのやつがたまたま安くなってたので初めて買いました。

r040523_lamb.jpg

あと、先週はランプ(モモ)のステーキも焼いてみたりしました。でも、いちばん食べる機会が多いのは、肩肉の切り落としですね。野菜やらキノコやらと適当に炒めて食べております。


■先週、つまり5/15〜5/21の一週間で、数えてみましたら、ラム肉をじつに1791g食しておりました。

OECDの頁によると、おれのグラフの読み方に間違いが無ければ、日本人一人あたりの羊肉消費量は141gらしいです(※)。おい、おれはこの一週間で、平均的日本人10年分以上の量のヒツジ食ってたのかよ…。

※出典:OECD-FAO Agricultural Outlook (Edition 2021)(グラフをなんか読み間違えてたらすいません)

と、云ってるそばから白状しますと、昨日は210グラム、今日は270グラム食べております。拙僧が、スーパーの店員の間で妖怪・ヒツジ喰い小僧などと呼ばれてないことを切に願います。


■ところで、Lというスーパーでラムの肩肉切り落としをよく買ってるのですね。100g198円だったのですが、先月あたりから100g248円に値上げになったんですね。諸物価高騰の折、ラムだけが値上げを免れると云うこともないのでしょうがないのですが、しかし、25%の値上げかー。おれの給料が25%値上げされるわけではないからなー。どうしたものか。

まあ、仔羊さんには、オーストレイリアやニュージーランドといった国から、わざわざ東京のスーパーまで来てもらってるわけですからね、多少はお金がかかっても仕方ないですね。



<< 2/644 >>