■2017/12/29〜2018/1/4は冬休みで沖縄。

■gocoupのシングルは2018年に持ち越し。

■こちらもぜひ。
https://soundcloud.com/hanzo_tv/

■調子悪くてあたりまえ、というフレーズは、当時まず渡辺祐の原稿で知った、という記憶がある


調子悪くてあたりまえ


■「金曜日の天使」は好きな曲で、以前からジムでトレッドミル走りながら聞いてたりしたのですが。

つい先月、パスピエがこの「金曜日の天使」をカバーしている、ということを(ようやく)知って。パスピエは「電波ジャック」という曲が好きなので、「金曜日の天使」のほうも好きになりました。で、その流れで「金曜日の天使」について二三検索してたら、近田春夫の自伝が近日出来、というニュースを知りました。

近田春夫、という人についてくわしくはないのですが、だいぶ以前にもこのブログにも書いたとおり、『ウゴウゴ・ルーガ』の初代オープニング曲「こどもなんだよ」が、おれはすごく好きです(作編曲が近田春夫)。あの、モノクロ画面のMacとTR-909だけで作ったようなシンプルな打ち込みオケが、「必要最小限の部品だけで組み立てました。でもこれで歌モノとして機能してるでしょ?」といった風情でかっこいい。イントロの、クセのあるシンセ(?)のフレーズも好きだ。一聴しただけであの曲か、と分かる。なので、おれにとって近田氏は「こどもなんだよの人」というイメージです(ご本人も『ウゴウゴ・ルーガ』に出たことあったと思う)。

あと、近田氏は'90年代の『ソリトン』にも出てた。'95年の高野寛ソリトンと、'96年のサエキけんぞうソリトンの両方に出た人って、意外にあまりいないのではないか(検索せずテキトーに書いてますすいません)。なので「ソリトンに出てた人」というイメージもある。

あと、作曲家としての「作曲研究所」、作詞家としての「作詞センター」という変名のセンスは以前から好きでした。

で、パスピエ版「金曜日の天使」を発見したうれしさも手伝ったりで、買っちゃいましたよ、自伝『調子悪くてあたりまえ』。


■いま、読み始めたばかりなのですが、そうか、幼稚舎から慶應なのか。われわれ地方出身者が、死んでもというか7回生まれ変わっても手に入らないあの雰囲気は、そういうとこに起因してそうですね。


■ちなみに、「ガール・ガール・ガール」の'90年代のどれかのCDで、「金曜日の、夜遅く、港区のディスコティックで、メンソールの、洋モクですかぁ?」というフレーズが入ってる曲があって、おれは本家の「金曜日の天使」よりも先に、そっちのほうを先に聴いたのですが。

そもそもこのフレーズを発している窪田晴男が、そもそもビブラトーンズのメンバーだったんだな。いま気づいた。しかし、チカダハルオとクボタハルオっていう似た名前の人が同じバンドにいたって事実も面白い。


■ということでね、この週末は引き続きこの本を読み進めていきたいと思います。

そういえば、アリラン明電も近田仕事だったなあ。みなさん知ってます? アリラン明電。


■抜歯からの抜糸


■右下の親知らずを抜いて約2週間。

歯茎を切り開いて、アゴの骨を削り、親知らずを砕いて抜いて、歯茎を縫い合わせたわけですが、この2週間、抜歯した跡を縫い合わせた糸が、おれの口の中でずっとチロチロチロチロ、チロチロチロチロしてたわけです。ここ2週間、フォーエバー、チロチロチロチロ、チロチロチロチロ。

チロチロチロチロ気になるもんだからさ、つい舌先でこのチロチロチロチロを、 チロチロチロチロと触っちゃうんですよね。そんなにチロチロチロチロチロチロチロチロするもんかね?と疑うお侍さんもいらっしゃるかとは思いますが、実際、糸の先端がチロチロチロチロチロチロチロチロするんだからしょうがない。

まあ、このチロチロチロチロチロチロチロチロは、「親知らずの抜歯は済みましたよ」を意味するチロチロチロチロチロチロチロチロでもある。だから、舌先で触るとうっとうしく感じる一方、どこか安堵するところもある。


■でもね、きのうの土曜の夕方、近所の歯医者で抜糸しましたよ(抜糸は、抜歯した大学病院じゃなくて、近所の歯医者でできました)。

その近所の歯医者の先生が、抜糸の最中に「うわ、これかなり強く縫ってあるわ」みたいなことをつぶやいていましたが、まあ無事に抜糸は終わりました。

もう、固いものや熱いものを避けたりせず、普通の食生活に戻っても大丈夫なようです。


■そう、右下の親知らずを抜いた理由として。

ほら、以前も書いたけど、おれの親知らずって以前3本抜いて、この右下の親知らずを残すのみとなってたんですね。なので、右下に1本だけ親知らずが残ってて、左右非対称な、横文字だとアシンメトリーって云うんですか、そういう状態になってたんですね。それが気になっちゃっててね。なんかバランス良くないじゃないですか。その左右非対称が解消されたのもちょっとうれしい。もちろん、親知らずをほったらかすと虫歯のリスク云々が気になるってのもあるんだけどさ。


■歯医者の帰り、抜糸祝いとして、千五百円くらいするハンバーガーを食べました。ポテトとコーラをつけると二千円超えました。まあ、親知らずの抜歯は一種の通過儀礼なので、ちょっとくらい祝ってもいいと思う。


■所ジョージ『洗濯脱水』('99)


■もう先週のことになりますが、NACK5の坂崎幸之助の番組で、所ジョージの'99年のアルバム『洗濯脱水』についてやってました。

『洗濯脱水』は、坂崎がプロデュースした作品なんですね。ですが、番組中でも述べられてるとおり、プロデュースどころかほとんど坂崎幸之助 feat. 所ジョージって感じの雰囲気になっております。
Wikipediaによると「レコーディング開始時には2曲しか出来上がっておらず、残りは坂崎の提案を元にレコーディングと並行して作り上げたとのこと」とのこと。所さんに主体性がない。笑

ちなみにジャケット写真も坂崎が撮ったそうです。知らなかった…(←歌詞カードのクレジットちゃんと読んでない)。

で、上記の番組では、『洗濯脱水』から6曲が流れておりました。令和3年に所ジョージの曲が6曲もかかる番組なんてそうそうないですよ。おれは、「雨が空に戻るまでに」と、番組中ではかかんなかったけど「雪」が好きです。


■番組では、「面白グループ、赤塚不二夫、高平哲郎 、滝大作」といった単語を交えつつ、坂崎と所さんのなれ初めについても語られてます。あと、加藤和彦に所ジョージをプロデュースさせる話があったとか無かったとか。気になる向きは、ラジコで今晩まで聞けるようです。22時台の「J-POPスクール」というコーナーなので、ラジコのシークバーのカーソルを、ぐっと真ん中までスクロールしてください。


■インドの青鬼、コザ小学校


インドの青鬼

■節分の夜は、「インドの青鬼」なる商標のビールを飲んでおりました。半蔵商店でございます。

あと、インドの青鬼といっしょに、惣菜コーナーで「節分そば」なるものも買いました。と云っても、ごくごく普通のもりそばに豆の小袋(上記の写真のです)がおまけで付いてくる、というだけの商品です。笑


■で、今晩は『日本人のおなまえ』なる番組をテレヴィジョンで視聴しておりました。沖縄の地名特集ということで、ISSAがコザ小学校に行ったりしてましたよ。

そう、ISSAはコザ小出身なんですよね。あと、たしか『脱力タイムズ』を作ってる人もコザ小出身じゃなかったかなあ。[要出典]間違ってたらすいません。

ちなみにおれはコザ小に一年間通っただけです。卒業はしてません。

コザ小の屋上からの眺め、というのを放送で見られて、よかったです。屋上に上がった記憶が全くないんだよな…。


■一月が終わってた等


■あいあい。暖房をつけてるときに、ティファールでお湯を沸かすと、ブレーカーが落ちる、アンガールズです。もとい半蔵商店です。


■きょう(1/31)は夜の九時ごろから、仕事の宿題に手を付け始めたのですね。「小一時間くらいで終わるといいなーと思いつつ、小一時間くらいじゃ終わんないパターンなんだろうなー」と思ってたら、ほんとに小一時間じゃ終わんなくて、終わったのは十一時二十分でした。二時間二十分もかかっちゃった。

で、夜食のみかんL玉2ヶとシュークリーム(あ、この土日はダイエットを解除しておりました)を食べてたら、日付が変わり、一月が終わってしまった。もう二月なんだって。一年って早いですね。よいお年を!



<< 2/616 >>