■2017/12/29〜2018/1/4は冬休みで沖縄。

■gocoupのシングルは2018年に持ち越し。

■こちらもぜひ。
https://soundcloud.com/hanzo_tv/

■最近知って「へえ」となった豆知識(オンガク方面)


■あいあい。自室のユニットバスの水はけが悪い半蔵商店でございます。

しかし昨日の『ダウンタウンなう』、幸四郎のやる気がなさ過ぎて面白かったですね。体調が悪かったのか、ダウンタウンとの相性がよくないのか、「娘からの一言」みたいなパネルにリアルに傷ついたのか。いずれにせよ西暦3000年くらいまでダウンタウンの番組には呼ばれないと思います。尺の短さも笑った。この番組、右團次はまあまあハマってたのになあ…。

つーことで、今日は最近知って「へえ」となったオンガク方面の豆知識を。いや、まあ、博識な読者諸賢は、もうとっくにご存知のことばかりだとは思いますが……。





■EPOは坂本龍一の「チベタン・ダンス」をカバーしている。

ある世代の方々には常識なのかもしれないのですが…。


■瑛人の「香水」は、2020年じゃなくて2019年の曲。

ある世代の方々には常識なのかもしれないのですが…。


■モンゴル800の「小さな恋のうた」はいまだにシングルカットされてない。


これは、"最近知った"というよりは、"云われてみればそうだ"という感じの知識で、二年に一度のペースで思い出すのですが(このブログにも以前書いたかもしれない)、云われてみればそうだよなあ。レコード・ストア・デイで7インチ盤を出したら売れるかもしれない。配信なら現時点でも単品で買えるのですが。

アルバム『MESSAGE』('01)の三曲目です。ちなみにいまwikipediaを見てみたら、このアルバムは278万枚売れたそうです。おい、インディーズで278万枚って…メンバーの取りぶん何億円だろう。ちなみに、モンゴル800は、'03年というとっくに短冊8cmCDシングルが廃れた時期に「ヨロコビノウタ」という短冊シングルを出しています。拙僧は'07年という謎のタイミングで「gocoup e.p.」という短冊シングルをリリースしていますが、278万枚は売れてません(たったの777枚限定なのです)。先日、渋谷レコファンで中古で売られてるのを見ました。笑

"シングルカットされてない"、で思い出したんだけど、シナロケの「レモンティー」も、あれ、有名な曲なのにシングルカットされたのは'18年になってなんだよね。比較的最近だ。もともとはスネークマンショーのアルバムに入ってたらしいです。


■「ごきげんいかが1・2・3」は、短冊8cmCD版が存在する。

スネークマンショーで思い出した。先日検索して知ったのですが、「ごきげんいかが1・2・3」って、短冊でも出てるんですね。知ってた? おれは知らなかった…。オリジナルの7インチが'81年に出てるんですが、短冊がなぜか'95年に出てるらしいんですね。なんで14年の時空を経てるんだ? しかも短冊にはオリジナルには入ってないリミックスが入ってるらしい。この短冊、令和2年現在どうやったら手に入るんだろう。おれは今後の人生でこのCD(とIZUMINの「コラムで行こう!」)を手にする機会はあるのでしょうか。


■電気グループ『KARATEKA』の「Twist of The World」はサブスクで配信されてない。

とかなんとか。おれはサブスク使ってないので、よく知らないのですが…。あとコーネリの『69/96』も配信されてないとか何とか。間違ってたらすいません。


個人的なあれですけど、サブスクってあくまでも「巨大クラウド試聴機」でしかないと思う。所有はできないっつーか。うん、まあ、どうせ古いとなじられるタイプの考え方でしょうけど。


■コーネリアス『ファンタズマ』初回盤には、隠しトラックがある。

すいません、これ、たぶん常識ですね。ただ、おれ当時は通常盤のほう聴いてたからさー。最近discogs見て知ったんだよ。トラットリアのサブレーベル「SHOCK CITY」の宣伝が14曲目に入ってるんだって。





といった感じのエントリでした。


■としまえんのハイドロポリスは


■としまえんが昨日で閉園しました。としまえんからそう遠くない石神井公園に十年以上住んでましたが、ついぞ行く機会はありませんでした。

プール冷えてます

7つのプール(豚)

7つのプール(白熊)


■でも、としまえんのことは子供のころから知ってました。なんで沖縄に住んでる小学生がとしまえんを知っていたかというと。

一つはCM NETWORKという嘘みたいな名前のバンド(というか、まあ企画盤制作スタッフが便宜上名乗ってる名前)がCMソングをひたすらメドレー形式にした「CM DISCO NOW&THEN」というシングルCDを発売してまして。

そのなかに、

♪ としまえんのハイドロポリスは
♪ としまえんのハイドロポリスは
♪ としまえんのハイドロポリスは
♪ ハイドロポリス としまえん

というこれまた嘘みたいな歌詞のCMソングが入ってたんですね。文字に起こすと不毛さがすごいなこの歌詞。いまだったらクライアントの担当者が「ハイドロポリスがどんなものかまったくわからない。ハイドロポリスの特徴を歌詞に盛り込んでほしい」などと目を開けたまま寝言を云ってきそうですよね。まあ広告業界も音楽業界もお金があって元気だったんだと思います(←話の流れが急)。


■もう一つは玖保キリコの『シニカル・ヒステリー・アワー』です。みんなしてとしまえんに行く回があったと記憶しています。

──と書いてて急に自信がなくなった。この種の記憶って、頭の中では当たり前のように転がっていても、いざ文字にすると突然「そうだったっけ? 合ってる? これ間違ってない?」といった疑念にとらわれてしまう。でも、あったよね? みんなでとしまえん行く回。


■沖縄のメディアにはとしまえんの広告が当然出稿されるわけはないんだけど、それでもなぜか例の「史上最低の遊園地」の広告('90)のことは知っていた。当時の雑誌とか新聞とかの記事で知ったのかな。まあ、広告そのものが(いまよりも)人々の話題になる時代、というのがあったのです。で、実際、一時期のとしまえんは広告の質が高かったのです。

としまえんは閉園にあたり、『あしたのジョー』の最終回をモチーフにした新聞広告を出しました。おれは、別にいい広告だとは思いませんでした。そもそも94年にわたって老若男女に愛された老舗遊園地の広告に『あしたのジョー』って、さすがにピンポイント過ぎないか?

──と、としまえんに一回も足を運んだことのない地方出身者が広告にケチを付けるさまは、まさにインターネットって感じがしますね。やはり、人類はインターネットを廃絶するべきです!!(真理)





■あ、としまえんの入り口でやってる「庭の湯」というスーパー銭湯みたいなとこには行ったことがある。人生の中でもっともとしまえんに接近した瞬間だな、いま考えると。


■ジッタリン・ジン「夏祭り」発売から今日で30周年なのでリミックスしました。


夏祭り

夏祭り_リミックス


■本日、令和2年8月29日で、ジッタリン・ジン「夏祭り」の発売からぴったり30周年となります。この曲の短冊8cmCDシングルは平成2年8月29日に発売されたんですね。30年か。


■拙僧は、かわいいかわいい10歳の小坊主さんですので(臨済宗)、ジッタリン・ジンとかバンドブームとかイカ天とか相原勇とかセメントミキサーズとかそういったことはよくわからないのですが、このたび、この「夏祭り」をリミックスいたしました




■原曲の140近いBPMを100まで落とし、アンビエント的なシンセサイザーの電子音でトラックを作りました。勢いある原曲とはまた違った雰囲気で、夏の終わりだとか、淡い恋心だとか、遠い日の花火を思い出す感じだとか。そういうのを表現しました。どうでしょう?

夏の深夜のコザ(沖縄市ね)のバーで杯を傾けながら聞きたいよねこれ、ってことで、「glitterin' gin soda in koza mix」という題にしております。


■ちなみに、先日「Falcon 2」というソフトシンセを買ったのですが、このリミックスの95%はこのシンセの音色でできています(残りの5%は、打楽器、SE、YMOのサンプリング)。なので、このリミックスを作ったのはFalcon 2の音色選びの練習、という意味合いもあります(笑。いや、音色を「選ぶ」ってのもまた大事なんすよ、シンセサイザーって)。

ジャケットは、もう素直にベッタベタにデザインしました。ベッタベタでいいでしょう、このリミックスについては。ひねるとこじゃない。ひねってどうする。直球で日本の夏。自分でデザインしつつ、このジャケの7インチ盤が欲しくなってしまった。笑





■皆様ご存知の通り、この曲は発売から10年後の'00年にホワイトベリーによってカバーされます。拙僧は、かわいいかわいい10歳の小坊主さんですが(臨済宗)、ホワイトベリーの「夏祭り」の時代、というのも記憶してます。当時「あの曲をカバーする選曲センスいいよね」と友人と話してたような気がする。

'15年くらいだったかな、とあるイベントに元ホワイトベリーのボーカルの人が出てて、その人が歌う「夏祭り」も生で聞いたことある。なので、ホワイトベリーのカバーにも思い入れはあるにはある。のですが、ジッタリン・ジンあってのホワイトベリーですからね。春川玲子氏のボーカルでリミックスを作りました。


■ということで、ね、まずはお聞きください。面倒くさがらずにクリック(あるいはタップ)しましょう。すべてはそこから始まります。


■METAFIVE「環境と心理」、『METAHALF』


■先月のことですがメタファイブの新曲が出ましたね。「環境と心理」(このタイトル、どうやって思いついたんだろう)。




■メタファイブと云えば、'16年にミニアルバム『METAHALF』を出してるのですね。このMETAHALFのCDは五曲入りで。

で、CDで発売された数ヶ月後にLPでも発売されたんですが、LPは「Marine」という砂原良徳の曲が追加で入った六曲入りらしいんですね。いままで知りませんでした。不勉強ですいません。


■つまり、伝説のロックバンド「ティーポ」のメンバーであり、「宇宙人」「ケラさん逃げて」「ママケーキ」「それはバッハ」といった国民的ヒット曲で知られる砂原良徳さんが作った曲「Marine」はCDでは聞けないんです。LPとかいう直径30cmの塩化ビニール盤でしか聞けないんです。

METAHALF

ということで、このたびさっそく『METAHALF』のLPを買ってきました。おめでとうございます。ありがとうございます。でも、いまプレイヤーを引っ張り出すのが面倒な環境なんですね。でもそのうちなんとかして聞きます。


■というか、そもそも『METAHALF』のCD、発売してわりとすぐに買ったのですが、まだ聞いてません。というか、いまだにシュリンクすら切ってません。不勉強ですいません…。


■メタファイブの曲の中でいちばん好きなのは「Luv U Tokio」です。あれほんと好き。短冊の8cmCDシングルで発売して欲しい、と以前から思ってます。



■2019年の沖縄帰省日記。2020年の東京写真はなし。[3]


今日の夕飯はカツカレー(ライスなし)でした。ライス抜きなので低糖質でヘルシー(※諸説あります)。

さて今回は、前回につづいて2019年の沖縄帰省日記、感動の最終回です。諸般の事情で写真はありませんが、よろしくお願いします。





令和元年八月十六日(金)
■早朝起きて海中道路わたって伊計島までドライブ。一人で行くのは初めて。子供のころ、たまに父親に連れてってもらったドライブコースだけど、いまはこうやっておれ一人で運転していく。オトナになったなあ。

実家の近くまで戻ってきて、ファミリーマートでコーヒー買う。車中で飲む。


■実家で両親と朝食。けさは妹2号とその子らもいる。


■宮古島に帰る妹2号と子供たちを見送ったあと、父を隣町の眼科にクルマで送る。その後、チャーリータコスに行って食事。実家から持ってきた玖保キリコの漫画を読む。いまどきのこども、でもなく、シニカルヒステリーアワー、でもなく、『夫とその妻』。われながら渋い…。これ、『いまどきのこども』に寄せた装丁なんだけど、小学館じゃないんだよね、マガジンハウスなんだよね。


■父を拾いに、また眼科へとクルマを走らせる。車中ではラジオを聞く。とあるラジオ番組で、「御願不足(うがんぶそく)を実感するとき」というテーマでメールを募集していた。そしたら、

「丸中商会の坂を下りたとこも満車だったとき」

というメールを送ってきたやつがいた。沖縄ローカルとはいえ、あまりにもローカルすぎて笑った。しかしこの種のローカルなピンポイントな面白さは、radikoプレミアムの発達とともに消えてなくなっていくんでしょうか。県外からの投稿を普通に読むようになっちゃったしなあ。ローカルラジオが面白いのはローカルだからであって、そのローカル色を薄めちゃうとさ…。まあ一番の戦犯は、そんな投稿を採用する当のラジオ局のスタッフなんだけどな。

ちなみに「御願不足」とは、いうなれば「ご先祖様孝行をサボってる状態」、ぐらいの意味です。


■夜、両親と泡瀬のサムズ・バイ・ザ・シーというナカグロが3ヶも必要になるステーキ屋へ。ここはハワイアンな内装でBGMもハワイアン。そこに夏着物を着てパンナムバッグを持ったおれが行くので、'50〜'60年代のモンド/エキゾ系LPレコードのジャケみたいな画になる。

前菜にソフトシェルクラブを発注してみる。はじめて食べたけど、うまいね。しかし、いつのころからか、この店ではステーキが来る前のスープとサラダでおなかいっぱいになるようになった。あ、サラダの選べるドレッシングはブルーチーズが好きです。というかブルーチーズしか頼まない。ウエイトレスにドレッシングの種類を訊かれて「ブルーチーズ」と発音する瞬間が、おれの夏休みのピークなのです。

ところで、隣のテーブルに座っていた、本土からの観光客とおぼしき20代女性二人連れは、料理を85%くらい残して帰って行った。さすがにもったいない…。




令和元年八月十七日(土)
■早起きして軽自動車で出発。高速道路に乗る前にファミリーマートでホットコーヒーを買うのが好き。高速乗って、許田で降りて、古宇利島に到着。コウリじま、と読む。数年前、まだ練馬に住んでたとき通ってた美容室の美容師に「古宇利島おすすめです」と云われたのを突然思い出して行く気になったのだ。

で、行ってみたけど、まあ、ネイティブ沖縄人であるおれにはピンとこなかった…。観光客向けに開発した土地、ってとこなのかな。


■高速道路で南下。いつものパンケーキ屋へ。ミートボールのホワイトソースがけパンケーキ、にスパムを添える。おいしい。


■その後、実家に戻って整理整頓。昼ごろコザの農連の仲松へ。買い物少々。

一時ちょっと前、ゴヤに着く。マチヤグヮーというか個人経営スーパーでうまかっちゃんを二袋買って、甘木君(百療表現)と待ち合わせ。上原商店でそばを食する。その後、新しくできたとあるカフェに行ったら満席だったので、一番街の中にある、近年リフォームしたホテルの一階にあるカフェへ。ここはむかし瀬戸物屋だったんだよね。


■甘木君を自宅までクルマで送り、58号線を北上。車内ではラジオ沖縄(ROK)を聞く。土曜午後四時台のROKって聞いてて落ち着く。かつ、「嗚呼、おれはいまROKを聞いてるんだなあ」という実感が得られる。

アメリカン・スペースに立ち寄る。古い『LIFE』誌の、前から気になってた号(アラスカ特集)を見つける。が、買わず。旅(というか帰省だけど)の終わりって、こういう買い物がおっくうになる。なりません?


■妹1号宅へ。テレビでローカル番組を見つつ、甥姪(せいてつ、って音読み、やっぱりカタいよなあ)とふれあうなどする。18:45ごろ撤収。


■実家に戻る。部屋の整理整頓など。

夜9時ごろ、父に食べ物を買ってくるよう云われたので、クルマで近所の「かねひで」へ。車中ではサンドリふかわ回('19年版)を聞く。弁当、ラーメンなどを買って帰宅。

おれは古着屋などで古いソフトドリンクの瓶を買い集めてた時期があって、その瓶コレクションがまだ実家にある。琉球放送『テーファーラジオ』などラジオを聞きながら、それらの瓶を風呂場で洗う。気がついたら一時間半が経過した。風呂場で古いコーラ瓶を洗うより、もっとマシな土曜の夜の過ごし方があるような気がする…。




令和元年八月十八日(日)
■朝五時ごろ起きる。とくになにもなくとも、荷造りして部屋を片付けるだけで時間は過ぎる。朝食はごはんとゴーヤーチャンプルー。


■朝八時ごろ、母の運転で出発。高速道路に乗って那覇空港まで。

空港に着いたら、荷物をあずけたい人類の列がめちゃくちゃ長かったので、スーツケースは一階の宅配便で送る。三千円は高いけど、まあ。この日は列に並ぶのがめんどうな気分だった。

那覇空港のA&Wはいつもいつも死ぬほど混んでるので、サンドイッチ屋みたいなところで母とお茶。


■その後、母と別れてゲートくぐる。ラウンジでそば。

機内へ。隣席では、山形ヒロヲ系の白髪メガネおじさまがキーボード付きiPadをパタパタやっている。なぜか印象に残った。12:42離陸。14:42着陸。羽田空港。


■スーツケースは那覇から宅配便で送ってるので、飛行機降りてそのままモノレールへ。

電気で動く汽車を乗り継いで茗荷谷駅。駅から自室まで歩くのが、あまりにもひさしぶりなので、なんだか初めて歩く道に思えた。


■午後四時ごろ、部屋に着く。テレヴィジョンを点けると、金爆キリショーの貯金額がどうのとか、そういった他愛のないバラエティー番組をやってるのでちょっと見る。無事帰省を終えた、と感じる時間。

夕方、妹1号に東京に着いた旨を電話する。


■夜、テキトーに夕飯を済ませて、デザートに「なかよしパン」を食べる。コザのマチヤグヮーで買ってきたのだ。



<< 2/607 >>