■2016/12/29〜2017/1/3はパリではなくバリにおりました。

■シロー the あるあるマスター


■今日は、つぶやきシローの単独ライブに行ってきました。つぶやきのライブに行くのは、これで3回目か4回目くらい。


■DJ中のジェフミルズがレコードを次々にかけては捨て、かけては捨て、を繰り返すように、パジャマ姿のつぶやきシローが次々と「あるあるネタ」をつなげて漫談にしていくのですが、お笑いに興味がない人向けのお笑い番組『エンタの神様』に出てくるような昨今のあるある芸人のネタと違う点は、あるあるネタから独自の世界につなげていくところです。

たとえば、「クラスの中で、自分のアサガオだけ咲いてないことあるよね」とか、「席替えしたのに、自分だけ前の席と同じ席になっちゃうことあるよね」といった、ほとんど定番となってる「あるある」にすらも、独自の一言を付け加えることで、オリジナルなネタにしてしまいます。

『エンタ』のあるある芸人って、単にネタを羅列して終わるだけの人が多いですよね。それが悪いわけじゃないけど。


■変なキャラ設定(イタコとか)や、変なわざとらしい決めゼリフ(「やだねー!」とか)や、変な節回し(「♪気ーづいちゃった 気ーづいちゃった」とか)などを用いることなく、あるあるネタを淡々とつぶやいていくつぶやきシローには職人的かっこよさがある。と思う。


■ライブを見たことある人ならわかると思うのですが、「○○した時って、切ないよね」というあるあるネタの、「○○」の部分に、数分間にも及ぶ一人芝居を当てはめるという大技をところどころドロップしたりもします。さすがボキャ天世代はキャリアが違う、と思ってしまう。


■今日はメインの漫談が3本と、合間にパズルネタと絵本ネタの合計70分でした。よかった。


■最近は年1回ペースのライブですが、年3回くらいだったらそのうち2回は確実に見に行くなあ、と思った。


■ちなみに、きょう印象に残ったあるあるは、「キューピー人形のおなかを指でへこませると、ゆっくり戻っていくよね」です。あといくつかあったけど、割愛。


■トリプルチーズ


■今日はめちゃめちゃに忙しかった。というほどでもないけど、めちゃめちゃ程度には忙しかったので、仕事帰りに自分へのご褒美として(←こんなんばっかだなー…)、高田馬場の『ザ・ハンバーグ』という、この名前でハンバーグを出してなかったらここにあるフェラーリの中から好きなのを一台持ってっていいよってくらいに直球な名前の店に、ハンバーグを食べに行ってきました。


■当初は、会社の近くにある『別に美味くはないが、変にクセになってしまうハンバーグ屋』に行こうかなと思ったのですが、その店はそもそもあんまり安くねーし、アジア系の女店員は冷たいし、それより何よりあの店のハンバーグは作り置きをレンジで温めたやつなので、冷静に考えると満足度が高くないので、やめときました。おれがニューヨークの下町の黒人だったら、「あいつらはハンバーグをマイクロウェイヴでファックしやがるんだ」ぐらいの云い回しはすると思う。


■なので、高田馬場で降りて、ザ・ハンバーグに行って、ハンバーグ250g・チーズトリプル・小盛ライスを発注したら、運ばれてきたので、食ったので、会計を済ませて、店を出て、ちょっとブックオフに寄って、山手線に乗って、家路についた。

レンジで温めた作り置きではなく、一枚一枚ちゃんと焼いてます。「いかにも肉!!」というような食感ではないですが、でもわりと美味しいと思う。


■そう、チーズのトッピングは、トリプルにしました。前もちょっと書いたと思うのですが、近ごろ、ハンバーグを食べるときチーズをトッピングしないと満足できない体質になってしまったんですよ。

もちろん、チーズのトッピングを用意してない店では、チーズ無しでハンバーグを食べるときもありますが、そのときはなんというか、ワサビ無しでマグロの刺身を食べているような気分に非常に近い気分を味わうことになってしまう。


■ザ・ハンバーグでは、チーズのトッピングがシングルからトリプルまで選べるので、良いです。ちなみに、ハンバーグのサイズも1000gやら1500gやらが選べるそうです。


■そういえば、会社の近くのレンジハンバーグ屋にも一つだけ良い点があって、それは、トッピングに「とろけるチーズ」が過剰に乗ってることです。ハンバーグをレンジにかける前にトッピングしてるんだと思われます。


■きょうは警官をよく見かけた気がする件


■今日、渋谷のセンター街を歩いてたら、stylusというおしゃれレコード屋(なくなりましたね)の入ってたビルの入り口に、警官が3人もいた。


■で、ちょっと離れたウェンディーズの向かいのビルのふもとにも、警官が3人か4人いた。つまり、ほんの数十mもない距離に警官が6〜7人はいたことになる。交番が近いからとはいえ、普段はこんな密度で警官を見かけることはない。

どちらも、パトロールというよりは何かを張りこんでるといった感じでした。


■で、これだけだと、渋谷は物騒だからなー、とか、そういう方向性の話になるんですが。

うちの近所の、石神井町の消防署の前にも警官が二人立っているのを見かけた。普段なら、こういうことはまずないです。なんでですかね。


■ところで、今年もそろそろ風呂に六一〇ハップを入れる季節だな。


■脱サラ・起業する人におすすめ『1993年喫茶』


■メイド喫茶とか執事喫茶とかってあるじゃないですか、最近。


■そこで、ですね、「1993年喫茶」というのを考えました。

なぜかというと、おれが1993年が好きだから。


「一年三六五日、毎日が1993年!」をテーマにした喫茶店で、この店に来ればいつでも1993年に戻ることができます。つまり、店の中では何もかもが1993年仕様になってるわけです。

壁一面の本棚に並ぶ雑誌は、全部1993年の雑誌。ジャンプとかマガジンとかも当時のバックナンバーを揃えます。『忍空』とか載ってます。BGMももちろん1993年の音楽。再生YMOとか。電気グルーヴの『ビタミン』とか。ジュリアナテクノとか。もしくは、とんねるずの「がじゃいも」でもいい。

じゃなかったら、個人的には好きじゃなかったけどビーイング系とか。あのころは確か、異常に長い日本語のタイトルの8cmCDがたくさん売られていた気がする。

とか思い出してたら、wikipediaにこんな項目があった。

渋めに、高山巌の「心凍らせて」もいいですね。


■そして店内のテレビ(もちろん1993年製)からは1993年のニュースやCMやドラマやバラエティ番組が。初期のクレヨンしんちゃん(キャラの輪郭がまともだった頃)とか、ウゴウゴルーガとか、Jリーグとか。みなさんのおかげですとか。

そうそう、夏は1993年当時のFNSの『1億人のテレビ夢列島』(という題ではないかもしれないが)を流すし、年末には1993年の紅白やレコ大も流します。


■食べ物なんですが、日本の米を使ってる料理は、値段を高く設定します。なぜかというと、1993年は冷害で米が不作だったから。その代わり、タイ米のメニューは、安くします。

デザートもナタデココとか、1993年ぽいやつを。飲み物も、タブクリアとか、キリンのなんかメンソール味のするソーダ(商品名失念)とか、当時コンビニで並んでた商品を出します。まあ、さすがにこれは現物は手に入らないから、いま普通に売ってるソーダ等をうまく組み合わせて当時の味に近づけます(坂本龍一がCMしてた「ゆうゆう茶」って1993年だっけか)。


■あ、もちろんスーパーファミコンやメガドライブで1993年のゲームが楽しめます。当然です。スーパーストリートファイターIIやネオジオとかのアーケードももちろん用意してます。

1993年のファミ通は全号そろってるので、ゲーム攻略もばっちりです。


■お土産に、ミサンガやエビアンホルダーも売ってます。ただ、エビアンのキャップは当時の白ではなく現行の青です。


■──という店が、電車で片道90分以内の地域にあったら、絶対行く。


■会社を辞めて喫茶店を開こうとしてる方は、ぜひ考えてみてください。普通のマンガ喫茶を開くよりは話題になる、かもしれません。そうか?


# ニューヨークには、「90年代をテーマにしたクラブ」があって、
# そこでは壁にシンプソンズが描かれてたり、モニカ・ルインスキーのそっくりさんがいたりする。
# ってブルータスに書いてありました。


■猫を償うに


■プライベートモードに絶賛設定中の小谷野敦の日記が、いつの間にか復活していた。

が、今日の午後にはまたプライベートモードに戻っていた。

とりあえずキャッシュ。


■キャッシュといえば、今日googleを使ったら、いつもは検索結果のそれぞれの項目の最後にくっついてくる「キャッシュ」「関連ページ」のリンクが、なぜか表示されてなかった。

いま見たら、また表示されるようになってる。


■そういえば、以前このブログでも紹介した『小学一年生が答えるよ』を、久しぶりに見たら、終わっていた。しかも、二人とも二年生になっていた(当たり前だ)。

ちなみに、このブログを運営していた会社は、かつて、カップ焼きそばメイニアの間で有名な『インドメン』を企画した会社のようです。


■それはいいとして、洗濯物が乾かん……。


■カレーうどんの季節になってきましたよこれ。


■そう、カレーうどんが美味しい季節です。カレーうどん。いいね、カレーうどん。

体が温まるし、消化もいいし、麺類だし、しかもカレーの味がする。近い。もっとも限りなく正解に近い。


■しかし、おれは4年ほど前まで、神が人類に与えた発明であるこのカレーうどんが大嫌いでした。なんというか、ガキの食い物というか、品が無いというか、そういうふうに考えており、カレーうどんを食することを拒否していたのです。


■なので、昔の拙僧は、ヤングギター、BURRN!、ロッキングオンなどのインタビューにおいて、


「カレーうどん? FUCKだね。いいかい、覚えておいてほしいのは、カレーうどんを食うやつは次の2種類だけ。つまり、才能の無いミュージシャンか、もっと才能の無いミュージシャンだけってことなんだ」

「カレーは、ライスにかける。うどんにはかけない。それが文明ってもんだ。そうだろ?」

「カレーうどんが好きなやつは、おれたちのギグに来る資格は無いよ。ペットショップボーイズでも聞いてりゃいいんだ。EMIのやつらは何もわかっちゃいない」


などといった発言を繰り返してました。申し訳ない。


■で、なんで急にカレーうどんが食べられるようになったかというと、はっきりとは覚えてないのですが、以前ローソンでバイトしてたとき、寒くなり始めた季節にカレーうどんを買っていくお客を見て、「ああ、カレーうどんって暖まりそうだよな、なんとなく」と思って、それで自分もその日はカレーうどんを買って帰った、ような気がします。

それからはカレーうどんが食べられるようになり、冬などは立ち食い蕎麦屋を2軒ハシゴしてカレーうどんを食べたり、もしくは外でカレーうどんを食べて部屋に帰ってデザートとしてインスタントのカレーうどんを食べたり、など、自由なカレーうどんライフを謳歌しており、

って、おれとカレーうどんの出会いなんかどうでもいいですよね。すみません。


■しかし、あの、とろりと溶けてるたまねぎ!(たまねぎ!)

同じくとろりと溶けた長ねぎ!(長ねぎ!)

鼻腔をくすぐるカレーの香り!(カレーの香り!)

食欲をそそる、うどんのたたずまい!(たたずまい!)

そして、そのカレーとうどんが織りなす絶妙なハーモニー!(ハーモニー!)

卒業式風にリフレインしてすみませんが、これらのカレーうどんの魅力に抵抗できるやつがいるか? いるのか? いるとでも云うのか? まあ、そりゃいるわな。好みは人それぞれだから。


■でも、今日の朝もカップのカレーうどんだったのに、いま、コンビニに夜食のカレーうどんを買いに行こうかどうか迷ってるおれがここにいる。ちなみに夕食はチキンカレーでした。


# カレーうどんは昼食もしくは(夕食ではなく)夜食というイメージがありますが、
# 早朝に食うのもなかなか乙です。


■木多康昭が個人的に熱い件


■暇なときは、トリビアというか雑学というか、そういうサイトを見るのが好きです。

と書いてみましたが、暇になるタイミングと、読みたいトリビア系サイトが見つかるタイミングは実はそんなにはないのですが、きょうたまたま見つけたこのスレッドがなかなか面白かったです。暇だったので最後まで読んだ。

意外にしられていない漫画トリビア

このなかで、個人的に新鮮だったのが、

・山科けいすけと森下裕美は夫婦。

・森下裕美はジャンプとガロで同時デビュー。

・ドラえもん6巻の最終回で、ゴミ箱に「LOVELOVELOVE」と書かれてるけど、
連載時は「OWARIOWARIOWARI」だった。

・小島功は安野モヨコの叔父。

とかです。知らなかった(ちなみに自分は、このドラえもんのトリビアのように「連載時と単行本での違い」「セリフの差し替え/削除」「クレームによる回収」といったネタがかなり好きです。なぜだかは自分でもわからん)。


■しかし、このスレでいちばん熱かったトリビアは、

・『幕張』を連載していたとき木多康昭は、同じく連載中だった『心理捜査官 草薙葵』のパロディを何度も行い挑発していた。
その結果、同姓同名のキャラを作られ殺されてしまった。


でした。これはちょっと笑った。幕張はたまに読んでたのですが、草薙葵というマンガは読んでなかったので知りませんでした。


■それで、その後、wikipediaの木多康昭の項目を読んだらなかなか熱かった。これ自体がすでにおもしろい。


■で、さらにその後、Amazonのマーケットプレイスで木多康昭の『代表人』を検索したら、値段が少々熱いことになってた。マンガ喫茶で読むほうがよさそうです。


■去年の今ごろは、小田原ドラゴンの単行本を集めてましたが、今年は木多康昭の単行本を集めるかもしれません。集めないかもしれません。

# ここによると、『草薙葵』の作中で殺されるキャラは、
# 同姓同名でなく「木多昭康」という名前らしいです。


■今日は、ゆっくり過ごしました。


■いま、ちゃんとしてないと、30歳になってもちゃんとできない気がするので、いま、ちゃんとします。と、一応思ってはいます。半蔵商店です。


■今日は、ホテルで朝飯食って、散歩して、立ち読みして、昼寝して、部屋掃除して、ビール飲んで、という具合でした。あえて無理に休日っぽく過ごしてみました。悪く無かったです。

昨日は、ホテルの朝食かスーパーの寿司かで迷ってたのに、なんでホテルで朝飯を食べたかというと、今朝目が覚めたら、そんなに寿司が食いたくなってなくて(まあ、寝起きに寿司を食べたくなるやつもあまりいない気がする)、そのかわりヨーロッパ人のように変なチーズをたくさん食べたくなったからです。


■最近、隣の部屋からギターの音が聞こえてきます。アコースティックのほう。


■最近、また『味わいカルピス』が出回っている。良いと思う。


■最近、ちょっと気が抜けている、終わってから、テストが。


■ところで、焚き火がしたいです。


■明日は、ゆっくり過ごします。


■テストが終わったら一息つこう。と思ってたのに、一息つく暇がとれなったんですが、明日は休日なので、一息つけそうです。がんばって一息ついてみせます。なにがなんでも。


■ということで、明日は久しぶりにホテルに朝食でも食べに行くか、と思ったのですが、ほら、ホテルの朝食って高めのところだと3000円くらいするじゃないですか。むしろ、その3000円で、スーパーで寿司とビールをたくさん買った方がよくないか? 日々の買い物の際、惣菜コーナーで見かけるたびに「美味しそうだ………でも高いからやめておこう」とあきらめていた、あのスーパーの寿司。それをたくさん食べる。ロマンだね。そうか? それより、自分の部屋以外の場所でものを食べたほうが結局は気分転換になるんじゃないか? いつもの部屋で一人で寿司食ったからって、それ美味しいか? どうせ一人でスーパーの寿司食うくらいなら、いっそ、行こう行こうと思いつつも一回も行ったことがない早朝の築地場外に海鮮丼を食べに行ったほうがいいのでは? でもこの季節、早朝は寒そうだし、


といったことを、考えてます。


■さっき2時間ほど仮眠してたら、夢に坂本龍一が出てきた。わりとフレンドリーな人でした。


■イトコ速報


■全国で0.17〜0.55人くらいいるリカ(仮名)ファンの皆さんこんばんは。半蔵商店です。

今日はリカの近況について書きます。


■リカとはおれの従妹で、声優志望なのに専門学校では声優コースを選択せずなぜか演劇コースに入学したり、運転免許を取るために会社を辞めたり、など、なかなか鋭いものを持ってるやつです。いまは東京で、職探しをしつつフリーターをやっています。

このブログでも何度か書いたので、リカの動向が気になってる方も全国に0.008〜0.15人くらい(さっきより減ってないか)いると思うので、リカの近況を報告します。


■今日、リカにひさしぶりにメールしたんですよ。「今、バイトなにやってるの?」と。

そしたら、こんな返事がきました。


『靴の中敷き販売とサンプル配りだよ。
パクれそうなら少しもらってくるよ(^^)』



…………………………………なあ、おまえは靴の中敷きをパクるためにわざわざ上京してきたのか? 親が聞いたら泣くぞ。


■えー、以上です。今後も動きがありしだいお知らせします。


■リカのバックナンバーをまだ読んだこと無い方は、こちらとかこちらをどうぞ。


■戦後最高に面白いドラクエ4コマ・7(再)


■後のなんとかである。半蔵商店です。


■そう、今年も、アウター買うのに出遅れました。


■無印良品に良さそうなコートがあったんですが、店頭にはMサイズしか並んでなかったので、このコートを持って近くの店員さんに、不愉快な客だと思われないよう、できる限り言葉遣いと表情筋に気を配りながら、なるたけ社会的に「すいません、このコートのSサイズってありませんか」と訊きました。


■すると店員さんは、「すいませーん。もうSは完売しましたー。申し訳ござーせーん」と、おれの顔を見ることすらなく棒読みで答えてくれました。おれの存在よりも、紳士用トランクスの在庫を補充するほうが大事だったみたいです。


■ということで、今年もアウター買うのに出遅れました。やはり11月も後半になってコートを買うのは遅かったみたいです。と思ったら別の無印でそのコートのSサイズを発見しました。


■では4コマ再放送の7本目です。この7本の中で、自分ではいちばん気にいってます。

まんが7


■エポックメイキングなくらいに面白い4コマ・6(再)


テストは無事終わりました。おつかれさまです。いえいえ。昨日の夕方は自分へのご褒美として、スーパーでカニ缶とエビスビールを買いました。

そしたら、400円のカニ缶と間違えて800円のカニ缶をレジに持っていってたことに、会計の時に気づいた。身分不相応な気もしたが、でも後悔はしていない。

では、4コマ再放送の6本目っていう方向性で。

まんが6


■画期的に面白い4コママンガ・5(再)


まんが 5

今日はかなり眠いのでこの辺で…。


■著しく面白い4コママンガ・その4[再]


■4コマ再放送第4回目です。

まんが・4

■今日は歌舞伎町で、従弟のライブを10分間だけ見てきました。見てきたというか、立ち寄ったという感じです。次はもっと治安のいいところでライブやってほしいです。


■ものすごく面白いハイエンド系4コマ・3(再放送)


■「道玄坂 地上げ」で検索すると、なぜかグーグルでトップに表示される半蔵商店です(ただし、「ウェブ全体から検索」の場合のみ。「日本語のページを検索」では出てきません)。


■では4コママンガ再放送の3回目です。

まんが・3


■めちゃめちゃおもしろい4コママンガ・2(再放送)


テスト範囲の、3分の2くらいは手を付けたのですが、残りの3分の1がなかなか……。

ということで4コマ再放送の2本目です。タイトルは、忘れました。すいません。では、どうぞ。


まんが・2

# このファンファンファンファンってのは、パトカーのサイレンを表現してるんですよ!
# という注釈を、たしか初出時にも入れておいたような気がします。


■超おもしろい4コママンガ・1(再放送)


■去年、このサイトに自作の4コママンガを載せていたのですが、ブログのスクリプトを入れ替える作業中に、その4コママンガエントリのhtmlファイルがごっそり消えてしまいました。


■でも、htmlファイルは消えたものの、4コママンガのjpgファイル自体はサーバーに残ってることに最近気づきました。


■ただいま、来週の日曜日にテストを控え、テスト勉強で忙しい状態(厳密には「テスト勉強で忙しくしているべき状態」あるいは「テストで忙しいっていう設定を周囲に浸透させている状態」)なので、あまりブログを更新できません。

そこで今週は、その幻の4コママンガをブログ上に再放送していきたいと思います。


■では一本目です。題は『居酒屋』。


まんが・1


■今日も梅のど飴


■今朝、会社にテキストを取りに行って、カレーうどん食べて、図書館で資料探しして(けっきょく無かった)、部屋にこもってテスト対策。きょうはあまり進まなかったなー。


■もちろん、カンロ梅のど飴は欠かせません。

あと、今日は明治のアーモンドチョコも。このアーモンドチョコは、社会人になった今でもちょっと高級品(200円)です。なんらかの正当な理由がないと手に取れない感じの。


■そういえば、芸人の友人から、「おれの出るライブのチケットってどこで売ってたっけ?( ゚д゚)」と電話がありました。斬新です。

と思ったが、単独じゃないライブの場合はこういうこともあるのか。そうか。


■休日出勤


■いま朝の7時20分です。これから会社に出かけます。というのも、テストに使うテキストを会社に忘れたからです。'`,、('∀`) '`,、


■さておき、発売直後のプレステ3の転売が一部で特殊な盛り上がり方をしてるようですね。これとか。


こういう盛り上がった質問欄は、自分はあまり見たことないので面白かったです。

ま、あんまり面白がっちゃいけないかもしれないですけどね、ぐらいの建前は一応書いとく。


■でも、ここの『5分待っても転売目的の出品者様から連絡がありませんのでこの評価にさせて頂きます。 』はちょっと笑った。


■『デスクワーク専用飴』みたいなのを作ったら売れるのでは、と0.07秒ほど考えた


■婚前交渉です。

あっ間違えた半蔵商店です。


■きょうは一日中、部屋でテスト対策です。燃えないごみを出したのと、クリーニングにシャツ持ってくのに外出しただけです。ちょっと体なまってます。


■ずっと机に向かってると、口寂しくなっていろいろ口にするのですが、たとえばカンロ健康梅のど飴、これ夕方までに1袋なめきってたね、実際問題。

それから「とろべ〜」という変な名前の乾燥した昆布もけっこう食べた。ちょっと高いけど原料が国産だし、なかなかうまいです。あと「ストレス社会で戦うあなたに」という大げさなキャッチコピーの「GABA」というチョコレートも1袋(50g)食べた。


■こういう、「デスクワークの際にちょっとつまむもの」の選択が、一日の作業量や効率に大きく影響を及ぼすので、慎重に選びたいものです。また、少々高いお菓子でも、作業の効率アップが見込めるのならば決して無駄遣いではないと思います。←なんか自分に言い聞かせてるみたいな文になってしまった。でも、能率が金で買えると思えば安いもんですよね。なんて。


■ちなみに会社の机の引き出しにはこれを常備してます。


タイムリーなニュース。


■ジョアン・ジルベルトの感想文(11/9 東京国際フォーラム)


■開演時刻をだいぶ過ぎてるにもかかわらず「ジョアン・ジルベルトがただいまホテルを出発しました」というアナウンスが流れて、会場に笑いがおきた。

■で、そのしばらくしたあと、客電が落ちてライブ開始。ギターを持った本人登場。

■ええ。ギターをですね、「弾く」というよりは、「触る」とか「撫でる」っていう感じに扱うんですよ。すごく自然に。

■で、ポルトガル語(だよな?)で、小さな声で唄う。ギターの音とよく絡む声だな、と思う。

■このギターと唄とが合わさって、フィンランドの赤ん坊の肌のような、なめらかな質感のボサノバになります。

■曲と曲の間に、ときどき目を閉じて数十秒ほどじっとする以外は、休憩らしい休憩もなく、MCもなく、つぶやきシローの単独ライブのように実に淡々と進行しました。

曲の最中も膝を左右に揺らす以外は、動きもほとんど最低限で、最初から最後まで同じ姿勢で唄いきってました。クラフトワーク並みに動きません。

■途中、メガネがずり落ちたりしつつ、アンコール含めて30曲くらいやってコンサート終了。

■帰り、会場の出入り口にあった貼り紙に民衆が群がってるので、なにが書かれてるんだろうと思ってのぞき込んだら、

「コンサート中、ジョアンが長時間にわたって瞑想状態になるかもしれませんが、これはリスナーに対する感謝の表れですので、ご理解ください」

のようなことが書かれていた。以前、20分ぐらい、ステージ上で眠ったようになったこともあったらしい。

■だいぶはしょりましたが、良いのが聴けてよかった、と素直な感想を抱きつつ有楽町線で池袋まで戻り、そこから西武線に乗りかえて帰宅。



■あ、そういえば、おれの席の近くで有名人らしきヒトを目撃しました。『スペインは宇宙食は株券ではない』みたいなエッセイも出してるミュージシャンのヒトです(間違ってたらすいません。でもけっこうな確率で本人)。


■ジョアン・ジルベルト 来日公演最終日 完全レポート!!


良かったです。( ´∀`)


■ボサノバ2006


■そういえば明日、外人のライブに行って来ます。


■この外人はジョアン・ジルベルトという人で、ボサノバ界では有名だそうです。4コママンガ界で云うと、いしいひさいちやいがらしみきおぐらいにすごい人だそうです。


■しかし、すごいよな。ノートパソコン無しで音楽やるってんだから。コンピューターを使わずに音楽やるってちょっと考えられないよな。すごいわ、外人って。


■なんで90年代半ばのリスニングテクノしか聴かない拙僧が、突然このライブに行くことにしたかというと、「ほぼ日」のこの記事を読んだからなのです。それだけです。ほんとうにそれだけです。他人のエピソードにいちいち意外性を求めるんじゃない(って、みなさん別に求めてはいないですよね。すみません)。


■ネットで検索すれば、ジョアン・ジルベルトのライブのレポートだの感想文だのがたくさんすっ転がってると思うのですが、明日の貴重なライブがそれらのレポートの追体験となってしまうのも惜しいので、あえて目を通さないでおきます。


■あらかじめCDを聞いたりして「予習」なんぞしておくべきかなー、と思いつつも、予習なんてのもちょっと自然じゃないよなー、と思いつつ、CDは買わないまま今日に至りました。どっちが正解なんですかね(ヒトに訊くことじゃないですよね。すみません)。


■ともかく、明日はボサノバのライブに行きます。


----


■ちなみに今日は、うちの会社に転職してきた人の歓迎会だったので、渋谷で飲んでました。

しかし、19日の日曜日がテストだというのに、

11/8 (水) 歓迎会
11/9 (木) 外人のライブ
11/16 (木) 従弟のライブ
11/17 (金) 仕事先の付き合い(詳細不明)

というふうに予定が立ってて、もうこれはおれのテストを邪魔しようという共産圏の陰謀であることは間違いないのですが、がんばります。


■昨日の夕飯


豆

豆乳(1リットル)と豆腐と納豆です。豆乳は米国産の豆ですが、豆腐と納豆は国産豆です。

以上が昨日の夕飯。もちろん炭水化物などは摂りません。おれって男らしい。 (`・ω・´)

で、今朝。心なしか肌にうるおいとハリとモチモチ感が戻ってきたような気がします。おれって男らしい。 (`・ω・´)


■テスト


♪♪ 未知ーという名のー 船にー乗りー (・∀・) (・∀・)

          (・Д・) (・Д・) フネニーノリー♪♪


といった意味も含めまして半蔵商店です。テストはスラスラと解けて、無事終わりました。これはおれのIQが2600あるからだけではなく、ちゃんと予習してたのがよかったんだと思う。あと、勉強してないときも、ダラダラ/ズルズルとテストのことばかり考えてたんだけど、それもよかったと思う。


「こういう時期こそ気持ちの切り換えかたが大切だからー」みたいなことをいって、テスト期間も上手に余暇の時間を作り出し、かつ「いまさらバタバタしても仕方ないしー」とかいってテスト前日は勉強をしないのに、それでも良い点を取るタイプの人間に、そりゃおれだってなりたいんですけど、でも、まあ、人それぞれ勉強の仕方があるんだから、そういう部分は無理に真似しなくともいいですね。


と、書いてる間にも次のテストが近づいてきてます。次回は11/19(日)13:00からです。


■あさってはテスト。


今日は一日中テスト勉強。でも昼寝したり2chのDTM板を見てたりもしてました。でも外出は、食料を買いにファミリーマートに2回行っただけです。

レポート書きと違って、「よし、ここまで書いたから先は見えた! (゚∀゚)」みたいなポイントが見えづらいのが歯がゆい。


机


これだけじゃなんなので写真を。というか、机の上に置いてあるものを視界に入ったから撮っただけですが、まあ一応。


■渋谷 博多 天神 フランス ベルギー ケベック


昨日は神田で、ぜんぜん美味しくないラーメンを食べることができたので、今日は口直しに美味しくなくないラーメンを食べようと渋谷の「博多天神」というラーメン屋に行ってきました。

前も書いたと思うけど、この妙な名前のラーメン屋は、福岡の「元祖長浜屋」に似たとんこつラーメンを出すお店で、都内に何店舗かあります。渋谷だけでも3店あります(もっとあったかも)。おれは福岡に住んでいたころは、この長浜屋のラーメンがわりと好きだったので、この元祖長浜屋もちょくちょく行ってます。


■で、今日もこの渋谷の博多天神にて、席についてラーメンを発注したのですが、ラーメンが出てきて、さあ食うぞ、と食べ始めた瞬間、


となりから異臭が漂ってきました。('A`)


食欲が一気に66.67%減った。


■おれの隣に座っていた、フランス語を操る白人カップル。その女が付けていた、というか、付けすぎていた変な香水がその異臭の原因でした。

外人が付ける香水って、日本人の鼻に合わないというか、ストレートにいい匂いしないのな。むしろ、ワキガ2.0と呼んでやりたいような香水の匂いの外人もいる。

おれの隣の白人女性の香水も、ベビーパウダーとミント系のトイレの芳香剤とワキガの匂いをマッシュアップしたような、鼻の奥にいつまでも不法滞在するクセの強い匂いでした。


■で、おれが一口食うたびに、そのフランス女の(まあベルギー人とかケベック人とかかもしれないけど)強烈な香水が、おれの鼻腔に容赦なく来日してくるわけですよ。もうラーメンどころの騒ぎじゃない。

しょうがなくおれは、丼の位置や座る姿勢、首の角度などを微調整し、できるだけこの変な香水の匂いを吸い込まないですむポジションを研究しつつ、おそるおそるラーメンを食べ進めたのですが、香水の匂いは一向に弱まらない。鼻で息を止めてラーメンを何口か食べてみたが、当然ながらこの方法だとラーメンの味が良くわからなくなる。そもそも麺をすすりづらい。


■そんな環境で、ラーメンと替え玉一ヶを食べた。が、食べた気がしない。('A`)

そこで、ケータイで弟に無内容なメールを送ったりして時間稼ぎをしつつ、フランス人カップルが食べ終えるのを待った。で、フランス人カップルが席を立ったところで、腹はすでにいっぱいだったけど、あえてもう一つ替え玉を注文した。そして、変な香水の匂いを嗅がずにラーメンを食える幸せを享受しました。おしまい。


■フランス政府も、こういう生物兵器を出荷しないでほしいです。とか、まあそこまでは云いませんが、ラーメン屋で食べるとき、香水つける、ダメ。ゼッタイ。オーケイ? パルファム ノー! パルファム ノー! と、日本で生活する外国人向けのガイドに書いといたほうがいいと思います。


■ところで、日曜日はテストです。('A`)


■こがしねぎ@神田


■早いもので、もう師走ですね。半蔵商店です。とかそういう書き出しはさておき、今日は今年最大に酔っ払ってましたというか今もまだ酔ってます。


■というのも、このNさんと、今日、飲むハメになったからです。
いま帰ってきたんですけど。


■このNさんの、飲みへの誘い方が、マジで神業、マジでマッドスキル。もう、誘いを断るスキ間が1ナノメートルしてない。いつの間にか、「いっしょに飲むことになった」という状況が、おれの意志とは一切無関係に完成されていた。びっくりですよね。外交官とかになればいいのに、Nさん。

この日曜日はテストなんですけど、などという言い訳なんか、思いつく暇さえありませんでした。


■で、神田の飲み屋に連れて行かれたのですが、前回も行った店なのですが、そこが美味かった。実に。えーっと、つきだしは何かの貝で、あとエシャロットとか、鯖の味噌煮とか、サンマの塩焼きとか、湯豆腐とか、そういうのを食って、すべて美味しかった。

で、けっこう飲みました。


■で、店を出てNさんと別れて、一人で仕上げのラーメン屋に入ったのですが、おれはどんなにグデグデに酔っ払っててもまずい物には敏感に反応してしまうので正直に書きますが、神田駅西口(だっけかな)の斗○らぁめん(この「らぁめん」という平仮名表記からして地雷の予感が)とやらの、「こがしねぎ」ラーメンはお世辞抜きにまずかった。武士の情けで名は秘すが、○の中には「樹」という文字が入ります。

「こがしねぎ」というからには、いい感じにあぶって焦げ目のついた長ネギのスライスがラーメンに乗ってくるのかなと思いきや(はいはい勝手に想像したおれが悪いですねはいはい)、マックロクロスケ(正確な表記知らん)のごとく焦がした万能ネギが全面的にフィーチャリングされたラーメンが出てきたですよ。焦げたネギが麺やスープの味を台無しにしてて、美味しくなかったです☆ d(^ー゚)テヘッ

うまいラーメンを食わせろとはいわないが、まずくないラーメンは食わせてほしい。


■どうりで、となりのラーメン屋は満席だったのに、ここはガラガラだったんだなあ…。


■さて、酔いをこらえて帰りの電車に乗って部屋に帰り、ハーゲンダッツとタケダのレモンウォーターで無理やり酔いを抑えて、この日記を書いて、まあ、書いてるうちに酔いも治まりました。今回は、前回のようにカバンにゲロを吐いたりしなかったのでよかったです。みなさんも飲みすぎとまずいラーメン屋と「電波の受信状況の点検」を装ったケーブルテレビの営業には気をつけてください。