■2017/12/29〜2018/1/4は冬休みで沖縄。

■gocoupのシングルは2018年に持ち越し。

■こちらもぜひ。
https://soundcloud.com/hanzo_tv/

■カブキ見てます


■二月第二週の小忙しいウィークは終わったんだけど、二月第三週もまあまあいろいろありました。そして第四週もいろいろありそう…。うーむ。つかの間の三連休くらい、仕事のことは忘れよう。


■半蔵商店でございます。えー、最近カブキ見物のこと書いてないですが、見てますよ。


一月十八日(土)
国立劇場、菊五郎劇団の正月特番。

一月十九日(日)
浅草第二部。着物の日、だったので着物で出かける。

一月二十五日(土)
浅草第一部。チラシなどにクレジットないけど涎くりは蝶八郎。

一月三十一日(金)
芝のぶ+笑野「梅笑會」。奇跡的なことに、たまたまこの日に有給とってたんですね。なので、無事見に行くことができました。

二月二日(日)
歌舞伎座昼の部。

二月八日(土)
歌舞伎座夜の部。


■で、本日はナウシカ歌舞伎のディレイビューイング、とちょっと迷ったのですが、歌舞伎座昼の部を再見することにしました。のちほど出かけます。


■あ、さっき『所さんの目がテン』で、「腐敗も発酵もタンパク質を分解するって意味では同じ。人間に有害なのが"腐敗"、無害なのが"発酵"」みたいな話が出てたけど、昨日のチコちゃんでもまったく同じ話やってたな。笑


■23時でして


■私事で恐縮ですが、いま23時でして、今晩は眠いのでもう寝ます。よろしくお願いします。


■ちなみに小忙しいウィークは先週で終わったんだけど、かといって今週は暇になったかというとそうではなく、「ふつう程度に忙しいウィーク」になっただけでした。笑


■小忙しい週間終了


■金曜で小忙しいウィーク終わりました。火曜は祝日だったけど仕事してたなあ。金曜もさ、千葉に日帰り出張だったんだけど、千葉について一時間もしない朝九時過ぎに会社から連絡があって、急遽千葉から渋谷に戻って仕事してました。小忙しい。千葉のコンヴィニエンスなストアーで昼食用に買ってたサンドイッチを渋谷の会社で食べました。小忙しい。

小忙しいで思い出した。おれは『アメトーーク』の「小忙しい芸人」の回が好きなんですが、あれって'12年の3月の放送なんだな。8年前か!

で、まあ、金曜の夜どうにかこうにか仕事を終えて七時ごろ会社出て。八時ごろ部屋に着いて。チコちゃん見て。明星の「カシミールカレーまぜそば」ってのを食べて。あんまおいしくなくて。所さんの番組ちょっと見て。『にっぽんの芸能』の初音ミク回まで起きてる体力がなくて。十一時前に寝ました。


■今日はひたすら夕方までゴロゴロしてましたね。今週は小忙しかったからさ。疲れた。

正午にフジテレビを点けたらさ、『有吉くんの正直さんぽ』じゃなくて、変なバス旅行の番組やってた。正直さんぽとバスのやつは隔週で放送してるんだけど、おれが部屋でゆっくりテレヴィジョンでも見ようってときに限ってバスの週なんだよな。これは立派な人権侵害だよ。BPO案件だわ。しょうがないので昼寝。

夕方は国立劇場に真顔で出かける。今日は文楽。第三部。新口村と勧進帳。勧進帳は、カブキと違って背景が変わるんだな。4体並ぶ四天王の人形を見て思ったんだけど、クラフトワークも、メンバーの文楽人形4体でライブやればいいのに。ただのマネキンみたいな今のロボットよりかっこいいと思う。

国立劇場(小)

劇場のロビーにはこんな方々もいました。


■小忙しい


■今週は小忙しいウィークなのですが、ようやく水曜日終わった。さっき『水曜日のダウンタウン』みたらGO!皆川が出てた。おれの記憶より太ってた。


■で、まあ、小忙しいのも残すところ木曜金曜のみとなりました。あ、翌週月曜もちょっとバタバタするかな。でもまあ、もうすぐ落ち着く(と思いたい)。


■今日は夕方から会社の飲み会だったんだけど、居酒屋に、加藤諒とブルゾンちえみを足して2で割ってないような顔の女性店員がいました。


■グロンサン、梅玉、『50TA』10周年


グロンサン


■忙しぶるわけじゃないけど、先週今週はいつもより仕事量が多い。なので、ま、多少は忙しいと云っても差し支えはないのではないだろうか(なんでこんなまわりくどい文章なんだろうか)。

忙しいので疲れる。疲れに効くマムシ酒を買おうか、と思うも近所で売ってない。なのでグロンサン買いました。これ、年末年始に実家に置いてあったのを飲んだんだけど、けっこう効いた覚えがあるんだよね。「※個人の感想です」し、プラシーボかもしれないけど、プラシーボもまた効き目。

なお明日は休日出勤。なお朝八時出社の模様。うん。


■みなさん世田谷文学館の梅玉トーク(3/15)の切符買えました? おれは発売日に思いっきり買い逃したのですが、週末に未練がましくローチケのサイトを見たらなぜか買えるようになってたので、遠慮なく買いました。ローチケにも「戻り」って概念があるんですかね。まあ無事買えてよかった。


■ところで、今日は狩野英孝のCD『50TA』の発売(2010/2/10)からぴったり10周年だそうです。なんでこんなことに気づくんだ、おれは。


■マムシ酒など


■いやー、忙しぶるわけじゃなないですけど、仕事が忙しい時期です。再来週からは少々落ち着くのですが。


■で、まあ、疲れるのですね。なので、とあるお店でマムシ酒を飲んできました。ぶつ切りのマムシが酒に漬けられています。

マムシ酒

で、写真にはないですけど、マカ酒も飲んだ。


■結論を申しますと、これらの酒が効いた。翌朝の寝覚めにすごくキレがあった。パッと起き(ら)れた。まあ、単なるプラシーボかもしれないけど、とはいえ翌朝は起き抜けからすっきりした気分でいられたのも事実。パッと起きて、パッと支度して、パッと出かける。これですよ。

自分で漬けるって訳にもいかないけど、買ってこようかなあ、マムシ酒。

あ、ちなみに、ソーダ割りで飲んだんだけど、とても飲みやすかったです。生ぐさいとか、そういうのはまったくなかった。


■なお、この店はパスタもおいしかった。プッタネスカ。

おいしいパスタ


■gocoup「獅子は交渉しない/獅子は傲慢でよい」







優雅な停滞、甘美な怠慢。前作から六年もたってしまった。

歌舞伎座の桟敷席で幕間に三千八百円の弁当を食べたり、
アイスランドのノーザンライト・インで羊のソテを食べたり、
石垣島で山羊のソバを食べたり、
バリ島のアマヌサでミーゴレンを食べたりしているうちに、
時間のやつが勝手に過ぎて行っただけのことである。食ってばっかりで悪いか。すいません。

音楽を作ってばかりいることが必ずしも音楽的とも云えないだろうし、
音楽を作らないことが音楽的でないと必ずしも云いきることもできないのではないだろうか。
知らんけど。

「獅子は交渉しない/獅子は傲慢でよい」は、電子計算機上で各種電子音を生成/合成/加工/編輯して制作された二曲入りEPである。東京で作曲され、米国は紐育でマスタリングされた。

繊細な電子音の層を紡ぎ、ひとつの楽曲を緻密に織りなしていく。やたら糸偏の漢字が多いが、音の推敲は重ねに重ねた。これは、熱心のあらわれなので、聴くヒトも熱心をしてください(←シナロケの帯の糸井コピー)。

東京の電子音楽レーベルgocoupの第十五作。gocoupと書いてゴクウと読みます。 





ということで当ブログでの紹介が遅れましたが、gocoupの新しいやつです。2020年2月2日発売。「獅子は交渉しない」「獅子は傲慢でよい」の2曲入り。カセットにしようかとも思ったんですけど、まあ素直にbandcampで配信です。4米ドルです。マスタリングは12kのTaylor Deupree氏にお願いしました。

例によってアンビエントです。一曲目はややノイジーで、二曲目は穏やかな感じです。一曲目は片チャンネルからしか音が出なくなる部分がありますが、安心してお聞きください。芸術とはそういうものです。それではどうぞよろしく。