■2016/12/29〜2017/1/3はパリではなくバリにおりました。

■オクラ納豆


極楽とんぼの山本を最近テレビで見ないんだけど、どうしちゃったんですかね?

っていう書き出しはアリですかね?


オクラ納豆


この、ファミリーマートで売ってる「オクラ納豆サラダスパゲティ」というのが気に入って、この三日間で四個食べてます。

冷やしたパスタにめんつゆをかけ、納豆とオクラと和えます。この時、付け合わせの漬物もいっしょに混ぜるのが個人的なポイントです。

美味しいけど、買うたびに「これってスーパーで材料買ってきて、自分で作ったら半額以下で済むんだろうなあ」と考えてしまって。いかんよなあ。コンビニで買ったなら買ったで、そういうこと考えない方が幸せに近づけるのに。



あと、同じくファミリーマートのとろろそばに、納豆を乗せたら納豆とろろそばになる! という発見をしてしまったため、これもこの土日で二回食べました。ファミリーマートに食生活たよりすぎです。しかも冷やし麺限定で。

まあビックリチキンカツ弁当よりは健康に良さそうだということで。

ちなみに、とろろそばに乗せる納豆は、小粒ではなくひき割りを選ぶのが個人的なポイントです。


■東京都消費生活総合センター (03)3235-1155


■昼ごろ、拙僧の住む高級木造アパートにペリカン便がやってきた。


■てっきり、毎月注文しているミネラルウォーターのケースが届いたのかと思ったら、荷物はミネラルウォーターではなく、日本酒のような物だった。しかもノシのような物も貼り付けてある。

(;´Д`)ナニコレ


■通信販売をした覚えもなく、そういう物が当たる懸賞やらモニターに応募した覚えも一切無い。


■そして差出人は、台東区のIという人だった。おれは台東区に知り合いはいない(…と思う)し、Iという名前の人も知り合いにはいない(…ように思う)。

そもそも通信販売とか懸賞だったら、差出人の欄にはその企業名が記されているはずで、個人名で日本酒が送られてくる心当たりがちょっとない。しかもノシつき。ノシは漢字で書くと熨斗。


■ひょっとして、アパートのこの部屋の、前の住人に送られた荷物ではないか……とも思った。現に、昨日も以前住んでた住人宛の郵便物が間違って届いていたからだ。

しかし、受取人の欄には一文字の間違いもなくおれの名前がばっちり書かれていた。


■これは、あれか、商品をいきなり送りつけて代金を請求するナントカ商法か?
(´д`)ヤダワー

みたいなことを思っちゃったので、「荷物のお受け取りと同時に、本契約書に同意した物とみなします」みたいなことになってたらすげくイヤなので、ペリカン便の人に事情を説明して、「受け取り拒否」ということで返送してもらった。


■もしかしたら、好意で贈られてきた物かもしれないが、正直、差出人の名前の文字列を見ても、ちょっと考えてもどこの誰さんだか思い出せなかった。

ま、単なる何らかの手違いだとは思いますが、もしかしたら、おれが何らかの ど忘れをしてる可能性も無くはなく、それがちょっと気になってます。

# 台東区のIさん、これ見てたらご一報ください。


■土曜日


ところで昨日は、新宿のイベントで10分間ほど選曲作業をさせてもらえるはこびとなっとりましたので、選曲してきました。きっかけを作ってくだすった皆様には、感謝してもし過ぎることはありません(直訳)。ありがとうございます。もう、なんか、ほんと、すみません、おれで。お邪魔しました。


■お高い床屋で髪を切ってみるの巻


■そう。以前から気になっていた、渋谷は円山町の床屋「ザ・バーバー」に行って来たんですよ。

ここがどういう床屋かというと、この公式サイトにあるように、まあ、ちょっとお高い感じのお店です。

床屋なのに、そこらへんの美容室よりも楽勝で高い価格設定なのですが、どんな感じの店なんだろう、と興味があったので、ちょっと頑張って7350円の「ラグジュアリークラス4」というコースを予約していきました。

以下、気づいたこととか、覚えてることとかを箇条書きで。


■店のつくりは、英国風を目指しているらしく、いわれてみれば英国のバーか仕立屋のような雰囲気………のような気がする。行ったことないからわからん。


■店に入ってカウンターで受付を済ませ、髪を切る席に案内される。や否や、ガーゼで出来たガウンみたいなのを渡されて、着せられる。これで髪の毛が付かないようにするらしい。

ちなみに髪を切る席は、かなりの余裕を持って配置されており、壁などで隣の席が見えないようになっている。


■店員は全員美男子。みんな、全身黒づくめの服を着ている。


■で、髪を切ってもらう。会話量がいい感じに控えめなのでよかった。

髪型については、切りながら要所要所でアドバイスしてもらえる。


■髪を切り終わった後、靴を脱ぐよう云われる。で、靴を脱ぐと、あら不思議。おれの座ってるこの椅子がフルフラットに変形。ベッドみたいに真っ平らに仰向けになれる。これは イイ (・∀・)。地球上の全ての床屋&美容室&歯医者で採用して欲しい。

で、シャンプーされ、なんかミントっぽいペースト状のモノを髪に塗られ、頭皮マッサージしてもらえる。これはこの店独自の「シャスパ」と呼ばれる儀式です。儀式っては云わないか。


■ちなみにこのシャスパ中に、靴を磨いてもらえる


■その後は、バリカンで細かいところを整えたり、肩と首をマッサージされたり、飲み物が出たり。

あ、この飲み物はちょっと減点でした。髪を切り終わった後、別のテーブルで飲み物が出るなら分かるが、いま髪を切ってもらったまさにこの席で飲み物が出てくるんである。

周囲はシャンプーやらなんやらの匂いが立ちこめてるし、切った細かい毛が散らばってるなか運ばれてくるわけだから……と気にしすぎたらキリがないが、この点では、おれが中学のころ通ってた地元の床屋『アットホーム』の方が、飲み物専用のカウンターがあったぶんポイントが高いと云える。スーパーファミコンも置いてあったなそういえば。

ちなみに、飲み物はホットコーヒー、アイス烏龍茶、ミネラルウォーターの3つから選べます。


■で、あとは髪型をガムで整えてもらっておしまい。最後にカウンターで支払いを済ませる。カードも使えます。


■と、こんな感じでした。所要時間は80分くらい。


■この店は、「男でもくつろげる」というところに力を入れてるらしい。

たしかにくつろげたが、おれのような庶民は、店の人に丁寧にされると身構えてしまい、かえって気疲れすることもある。だから池袋駅の構内にある千円床屋のほうが本当の意味でリラックスするかもしれない…と脳細胞の2.5%ぐらいではそんなことを思ってしまった。

まあ、このお店でくつろげるようになったら一人前ということですかね。次はもっとがんばってくつろごうと思う(←ここらへんが矛盾)。

でも、なにも無理してくつろがなくとも、わざわざこういうところに足を運んで軽く緊張するのは悪いことではないと思う。なぜかというと、もう眠くなってきたから割愛。


■あと、なぜ大通りでなくわざわざ円山町に店を作ったかお店の人に聞いたところ、「隠れ家っぽさ」を出すためらしい。たしかにハチ公前とか新宿アルタとかだったらあんまりくつろげないですね。


■いろいろ書きましたが、ちゃんと料金分は満足できました。次は、超丁寧&きれいに仕上がるという顔剃り「プルームシェーブ」も試してみたいです。

でもやっぱりけっこう値が張るから、次にこのお店に行くのがいつになるのかは謎に包まれています。


■いま一番ナウいDJ、Subなんとか(つづき)


■まだこのネタで引っ張ります。すいません。


昨日のエントリからリンクを張ってたDJ SubWoofのステキ曲ですが、これにアンサーソングを作った外人がいました。

また、DJ SubWoof自身もこの曲をリメイクしてます。


■そして、DJ SubWoofの新曲がこれです。ところどころ、あからさまにシンセの発音が遅れてて泣ける。


プロフィールによると、このDJ SubWoofとやら、ミュンヘンに住む19歳のドイツ人みたいですね。クラフトワークを産んだ国から、なんでこんな人材が…………まあいいや。

でも、どう考えても機材の量とスキルが釣り合ってないよな。やはりこいつの存在自体がネタかも……と予防線を張るところに自分の器の小ささを感じた。


■ところでヤフオクを見たら、DJ SubWoofの部屋にあったのと同じ種類のカシオトーン「CTK-601」が出品されてました。さあ、これを落札してみんなもSubWoofになろう! 断る。


# これの日本人版をつくりたいっすね。
# ごつい体格のB-BOYが、偉そうなことを云いながらMPC4000を叩いて、
# へぼいトラックを作ったりとか。


■いま一番ナウいDJ、SubWoof


■2chのDTM板で拾いました。もしかしたら多くの方がご存知の有名な映像かもしれないですが、個人的には、仲間由紀恵withダウンローズ解散と同じくらい衝撃を受けました。

DJ Subwoof make beats
↑クリックすると別窓でYouTubeに行きます。


■DJ SubWoofと名乗る青年が、自宅のスタジオでヒップホップのトラックの作り方を、われわれ無知な村人に教えてくれる、というありがたい映像です。

DJ SubWoof

さすがDJ。部屋には大きなミキサー卓と、機材のギッシリ詰まったラックが。


■さて、このDJ自らがキーボードを叩き、リズムを組んでベースを乗せ、メロディーをかぶせ、とトラックを作っていくのですが………。

ひどい。 (;´Д`)

なに? この、おれの実家の隣の山城さん家で飼ってるバカ犬(なぜか毎朝10時ごろ、遠吠えをするので迷惑)にキーボードの上を歩かせただけのような曲は。なんであんだけ機材を持っててこんな曲が出来上がるんだよ! そもそもなんでこの映像をアップしようと思ったんだよ。

SubWoofのPC

↑というか、おまえ、こんな複雑なソフト絶対いらんだろ。


■そして、この映像の最後に出てくるURL(www.djsubwoof.de)が、どうやらDJ SubWoofの公式サイトらしいです。

圧巻はここのサイトの「DOWNLOADS」というコーナーにアップされているDJ SubWoofの名曲の数々です。聞いてるだけで、早く歯を磨いて明日の準備をして寝たくなります。

とくに一番上にアップされてる「Bitch Asses」という曲は最高です。最高すぎて、感想を書くのが面倒くさくなるほどです。あー、早く寝よ。


■で、これってやっぱり、狙って作った壮大なネタ映像&ネタサイトなんだろうなーと思う。思いたい。


# ちなみに元ネタのスレはこちら。


■暗証番号ラーメン


■昨日に引き続き、ラーメンの話を。


■会社の同僚の話によると、江古田に超エクスクルーシブなラーメン屋があるらしい。

なんでもそこは会員制らしい。

福岡の『一蘭』が、その昔に会員制だったという話は聞きますが、江古田には今でもあるんですね。会員制て。


■しかも、その店に初めて来た客は、味噌ラーメンしか頼んではいけないらしい。他のメニューは、2回目以降の来店じゃないと注文できないらしい。

これは厳しい……。(;´Д`)


■さらにすごいことには(←直訳風文体)、この店のドアにはデフォルトで鍵がかかっていて、

暗証番号を入力しないと店内に入れないらしい。

なあ、店か? それ。


■そういえば、昨日のエントリでちょっと採りあげた石橋貴明と古館伊知郎の『第4学区』にも、『ここはラーメン屋ではありません。ラーメンを愛する者の同好会です』というマニフェストを掲げる、高田馬場の真っ黒いテントの店(店じゃないようですが)が出てきます。

テントという時点ですでに謎ですが、そこでは「営業中」の札の代わりに、牛の骨をぶら下げているらしいです。謎だ…。


■以上のことはたぶん、ラーメンメイニアの人には常識なんだろうとは思いますが、まあ、東京にはそんなお店があるとは知りませんでした、ということで。

ちょっと興味ありますが、行ったら行ったで店の人に怒られたりしそうだ。なんとなく。


■ちなみに今日も昨日に引き続き、ラーメン食べたいという気分だったのですが、二日続けてのラーメンはカロリー的にアレなので、いつものカップ春雨にニンニクと醤油を投入してラーメンぽく食べてみました。なかなかうまい。


■XVOXX/ラーメン二郎


■秋葉原のeARS様にて、前回納品分の半蔵商店『XVOXX』が完売したそうです。
( ´д)人(´д`)人(д` )イエー 毎度ありがとうございます。

遠からぬうちに、また納品いたします。この夏、東京見物がてら秋葉原に遊びに来ようと思ってる方、お土産にはぜひ『XVOXX』を!


■なお『XVOXX』は沖縄県内でも販売しております。沖縄土産にもぜひどうぞ。ほら、ちんすこうとかさ、あんなの脂じゃん、単なる。2個で飽きるぜ。


■『XVOXXリミックス(仮題)』はですね、アイデアはあるのですが、作業のほうが、にんともかんとも。今年中には作りたいです。


■石橋貴明と古館伊知郎の本『第4学区』を読んでると、『ラーメン二郎』という店が出てくる。それが食べたくなったので、会社帰りに池袋のラーメン二郎まで行ったら、全力で定休日でした。

なんでマピオンの地図を印刷までしてるのに、なんで肝心の定休日を調べてないかね、おれは。


■なにぶん胃がラーメンを欲し始めていたので、このまま帰るのもせつないので、しかたなく大して面白味のない池袋の街を歩いて別のラーメン屋に行きました。名前は忘れた。

ラーメン

ここはここで悪くなかった。でもラーメン二郎も気になる。

「もう通の間では『二郎』っていうのはラーメンではないと。二郎という名の料理だと。危険なラーメンとも言えると」(古館伊知郎)

↑この説明からするに、自分はなんか、福岡でいう元祖長浜屋みたいなお店を想像しています。


■半蔵商店で8キロやせた!


堤下←インパルスの堤下(左)

Y氏←おれの通ってるジムのインストラクターY氏(左)


インパルスの堤下にそっくりなインストラクターのいるスポーツジムに通い始めて4ヶ月。8キロやせました。
( ´д)人(´д`)人(д` )イエー

BMIも20.9まで下がりました。


■8キロと云ったら、あれか、500mlのペットボトルの伊右衛門茶が16本か。伊右衛門16本分ものいったい何がおれの体には含まれていたんだろうか。


■ところで、ダイエットすると食生活がいろいろ変わりますね。VAAMを真顔で飲むようになったりとか。夕飯がヨーグルト2個で済んだりとか。外食で大盛りを注文しなくなったりとか。

ココイチではライス400gでデフォルト、時として500gだった自分が、昨日なんかライス200gで発注してるんですよ。神保町で昼メシにエチオピアでチキンカレーを食い、そのデザートにキッチン南海でカツカレーを食べてた拙僧が、ですよ。すげー。


■体形ももちろん、徐々にですが変わってきます。顔の輪郭が若干細くなってたりとか。2年前のスーツがブカブカになってたりとか。

でも一番変わったのは胸ですかね。なにせ、

Aカップあったバストが無くなりましたから。


# しかし、それでも腹が引っこまない件について。


■東京は、秋


■昨日が土用の丑の日だと勘違いして、もう少しで鰻を食べるところだった。あぶねえな。危うく一命を取りとめた半蔵商店です。土用の丑は今日だな。


■さて昨日は昼間に散歩してたのですが、Tシャツの上からジャージを羽織ってちょうど良いくらいの肌寒さでした。

夜から明け方にかけても冷え込んでいて、タイツを穿いてから寝ないと風邪ひきそうでした。


■そう、東京は秋なので、昨日は近所の小学校(假屋崎省吾の出身校)で盆踊り大会をやってました。秋ですね。子供たちも夏休みの季節に入ったようです。秋だから。


■スポーツの秋なので。いまからジム行ってきます。

なんか今回は、中身の薄いエントリでしたね。それはいつものことか。そうか。


■寝る


■きょうは22:00から寝てます。

■いま、なぜか、起きました。23:58です。

■引き続き寝ます。


■ガム いかがですか?


ガム いかがですか

山手線のキオスクに貼られていた、気に入ってはいないが、なんか気になっていたポスター。このごろは掲出期間が終わったのか、あまり見ません。頑丈そうな歯と、眉間のホクロがポイントです。

他に「キャンディー いかがですか」のバージョンもあったのですが、こっちも今はあまり見ません。



最近、夜は肌寒くなりました。もうすっかり秋ですね。


■これはクリリンの分!


すみません。と謝ることではないのかもしれないけど、いま、著しく眠い。ど真ん中剛速球で眠い。いま突然、南海キャンディーズの二人が拙宅に遊びに来たとしても、「ああ、そっちに置いてあるシンセ、適当にいじってていいから」とだけ云い残して、寝る。朝まで寝る。

南海の二人がおれの機材でどういう曲を作るのか? それは少々興味がある。山ちゃんのあの髪型は、テイトウワを意識しているそうだが、やはりサンプリング中心の曲作りなのか? だとしたら、テイトウワも使っていたAkai S3200を買っておいて正解だったと云える。

しずちゃんは、なんとなくだけどボコーダーに興味を示しそうな感じがする。しずちゃんは機械が苦手そうだから、おれが機材の使い方を教えてあげたいのだが、しかし、申し訳ないが、寝る。眠いのです。


■CM撮影


19日の夜9時ごろに、どうもうたた寝してしまったらしく、いつの間にか20日の午前0:30にワープしていました。動揺を隠しきれません。

なんかのCMの撮影で、港区のどこだかの砂浜を外人と走り回る、という変な夢を見てました。

おれも外人もスーツ姿でした。


■池袋駅に貼られていた変なステッカー


A

大阪から帰ってきた夜に発見。


■ナニワメモ


梅田

■金曜の夜は大阪県に泊まって、土曜の夜は東京県に帰ってきて旅の疲れで寝て、日曜の夜は諸般の事情で午前二時半まで飲んでたので四日ぶりの半蔵商店です。

■では、大阪であったことなどを、書きます。




と思ったのですが、このブログを読んでくださる國民の皆様に満足していただけるような、面白おかしいことや、奇想天外なハプニングなど、とりたてて書くに値することはまったく起こりませんでした。あやまる。

■強いて云うなら、たまたまホテルのテレビで見た、NHK教育の『しばわんこの和のこころ』が良かった。旅先で見たテレビはちょっと印象に残るな、と思った。

■あと、新幹線の中でカツサンドを、そのデザートにおにぎりセットを、そのまたデザートにチョコビをたいらげたり、ルームサービスで深夜にミートソースのパスタを発注したり、という自由な食生活を謳歌していたら、金・土の二日間だけできっかり1キロ太った。

■あと、土曜は朝からバスタブにバスフォームを投入し、親の仇のように泡立たせた。さらに、缶ビールをグラスに注ぎ、それを飲みながらアメリカ映画の女優のような泡風呂に入った。風呂の泡とビールの泡を同時に楽しむっていう、ね、ほら。ちなみにホテルのバスタブは、おれの部屋のユニットバスがまるまる納まってしまいそうな大きさでした。

■あと、話が前後しますが、授賞式前半は知り合いもいないので誰とも話さず、さして広くもない会場をビール片手にウロウロしてるだけだったが、後半はおれに話しかけてくれる人とかもいて、逆におれも初対面の人に話しかけたりもして、人見知りしがちなおれの割りにはけっこう会話できた。

しかし、さっきまで仲良く話してたのに、パーティーが終わると一瞬でもとの赤の他人に戻っちゃう人っているんだよなー。なに、それ、おれは時間潰しのためのつなぎ役の存在だったのか? って思っちゃうよな。世の中そういうもんですけど。

■そう、パーティーでご馳走にがっつくのはみっともない、と心得ていたので、会場では小皿にちょっとだけ取った焼きそばと、何らかの肉を2切れ食べただけでした。コストパフォーマンス悪い宴会だ。そういうこと考えちゃいけないか。

■あと、金曜の夜は梅田を、土曜の昼は日本橋とアメ村をブラブラしましたが、なにも起きませんでした。

■そんなかんじです。


-------------------


あ、思い出した。帰りの新幹線で東京駅に着いて、そこから山手線に乗り換えたんですよ。そしたら、田端(※正確には忘れた)あたりで乗ってきた20代半ばくらいの男が、おれの向かいの座席に座るやいなや、

カバンから弁当を取り出して食べ始めた。

おまえ、土曜の午後8時台ですよ。ゴールデンタイムですよ。その時間帯の混んでる山手線の座席で、なんでジプロックに詰めた手作り弁当を食っていいと思った?

食べてる最中に、コーン粒を落っことしても拾わないし。電車内にこぼすなよ。コーンを。

しかもこいつ、ジプロック弁当を食べ終えて、ジプロックをハンカチで包んでカバンに戻した数秒後には、カバンから再び、

赤飯のおにぎりを取り出して食べ始めた。

おにぎりも、ラップに包まれた手作りのおにぎりでした。

ということで、今回の大阪旅行でいちばん印象に残ったのは、帰りの山手線で見かけたこの男でした。


■そしたらトムが言ったのさ!


■きょうの夕食はアロエヨーグルト3個でした。半蔵商店です。

ちなみに、1個は明治で2個が森永だったから。そこらへんよろしく。


■明日は大阪です。なぜ大阪に行くかというと、えーと、こういうことを自分で書くと台無しなんですが、でも書かないと誰にもなにも伝わらないから、おれはおまえのお母さんじゃないからきちんと説明しないとわかんないよってなるから自分で書きますが、ワタクシが仕事で作ったモノが、大阪のなんとかという賞を受賞したので、なんか、授賞式に呼んでもらえるそうです。

この授賞式の交通費は経費から出してもらえますかね、と上司に訊いたけど、だめだった。でも、おれは強い子なので、交通費&宿泊費&デリヘル費は自腹を切って、大阪に行くことにした。せっかくだから。

新幹線はグリーン車です。人生初グリーンです。ホテルはウェスティン大阪です。人生初ウェスティンです。これくらいいいっすよね。


■賞もらって、パーティーでメシ食って、ホテルに帰ってルームサービスとって、食って、寝て、起きて、朝食ビュッフェを食べて、あとは街をブラブラしてたこ焼きでも食べて帰ると。うわ超ハードスケジュールですわ。がんばろう。


■ただひとつ不安なのが、パーティー会場です。知ってる人が誰もいない会場に、ひとりで乗り込むわけですから。誰かに話しかけられて気の利いた返事が出来なかったらどうしよう、とか、逆に誰からも話しかけなかったらどうしよう、とか、この手のパーティーでは「売れてないやつほど会話をせず、食ってばっかりいる」と渡辺和博の『金魂巻』に書いてあったぞとか、じゃああらかじめ腹ごしらえをしてパーティーでは会話に集中すべきか、とか、ちょっと考えてしまいます。

でも、初対面のヒトとの会話は苦手だなー。なにしゃべればよいやら。ものすごいパタリロマニアとか、ピチカートのレア盤コレクターとか、邦楽ネタのマッシュアップを作ってるとか、自分と趣味が会う人とかがいればいいんですけどね。って、自分の興味ない話題でも参加しろよ、おれ。パーティーなんだから。

とりあえず明日に備えて、アメリカンジョークを何個か練習します。しません。


■ナンプラーでタイ風野菜炒めを作ってみた件


■好きなカセットテープのメーカーは、マクセルです。半蔵商店です。


■さて、ふだんはそうでもないのですが、この季節になると
《いまは夏→夏は暑い》
という論理的思考により暑い国の料理が食べたくなります。といっても、たいていはインド料理屋でカレーを食べる、くらいのところに落ち着くのですが。


■きょうも暑い国の料理、すなわち、インド、タイ、などの料理が食べたくなってしまい、その手のレストランへ行こうとしたのですが、やっぱり家で自分で作った方が安上がりだな、と思い直して自炊することにしました。


■とはいえ、凝った料理なんか当然作れません。じゃあどうするかというと、普通に野菜炒めを作って、ナンプラーをかけるだけです。これだけでも、まあ一応タイっぽくはなる。ような気がする。


ということで、とりあえずナンプラー買って帰りました。


S3200

あ! ナンプラーと間違えてサンプラー買っちゃった☆ (^ー゚)テヘッ
ナンプラーなのに44.1khzでステレオサンプリングができるなんておかしいと思った〜。








うわー、またこの展開かよ… ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )
もうこのブログ、お気に入りから外していいんじゃねえ? ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )
なあ、帰りにロイヤルホストいこうぜ… ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )



■いや、でもこのAKAI S3200は、けっこうな値段がしましたよ。なんと、
535000円
の定価のところを、中古だったので15000円
も出して買ったんですから。清水の舞台から飛び降りたあと安岡力也にタメ口で「灰皿とってくれる?」と頼むぐらいの勇気が要る出費ですよ、これは。


■なんでサンプラーを買ったかというと、オンガクを作りたいからです。あたりまえか。なんでAKAI S3200にしたかというと、かなり長くなる&少々専門的になるので割愛します。でも、学生のころには高嶺の花だった機種を一度いじってみたかった、という単純な理由もある。


---------------------
と、あれこれわざとらしく書いたけど、実はサンプラーは先週の日曜には届いてました。でも、いろいろと忙しかったので、やっとのことで今日、包みを解きました。中古で買ったXP-60も、まだ電源も入れてないのに保証期間の一ヶ月が過ぎようとしてます。はやく動作チェックしないと…。


■これうまい


ここのチーズクリームケーキってやつ。


■一休さん


■ですから、風邪が治りかけたと思ったらこんどは口内炎ですよ。あたしが何したっていうのよ! 半蔵商店です。


■レポートを書くための調べものをいろいろしてたのと、風邪を引いてたのが重なって、部屋の中が、もう、AERAで記事にされそうなくらいに散らかってたのですが、このまま見て見ぬ振りをして生活するのももう限界だったので、『リチャード・D・ジェームス・アルバム』をかけながら頑張って掃除したり、「エイフェックス・ツイン 戦車」でGoogle検索したりした。そしたら、部屋がある程度はきれいになったから、よかったと思う。


■しかし、やはりビックリするのが掃除機のすごさです。ハンパねーよあいつ。ホコリとか毛とか、機械の力で楽勝で吸ってくね。テクノだね。クイックルワイパーなんかもう要らん。捨てる。と思ったが、クイックルはクイックルで、玄関のタタキ用に続投決定。なるほど、適材適所ってのはこのことだね! と、ヒトは、自分の目の前で起こった出来事を、脳内にストックされてる四字熟語と照らし合わせて確認する性質がある。と思うのはおれだけか。そうか。


■といった意味も含めまして、一休さんの絵本を買いました。昭和35年もの。こういうタッチの絵の絵本て、最近ないんだよな。

一休さん1

こけしみたいな顔してます。

一休さん2


■一休さんの本が手元にちょこちょこたまってきたので、画家ごとの一休さんの絵柄の違いをまとめたWEBページを、いつかおれが作りますように。(祈)


■夏風邪


ええ。




土曜に夏風邪ひいちゃいましてね。ヽ( ´ー`)ノ




今日は一日中ゴロゴロしてました。




このところ、ダイエットと称して、ぐーぴたっとカップ春雨ばかり食ってたので、栄養が偏っていたのだと思います。



………………。せっかくの週末もったいね。



■土曜は風邪のなか、3200字のレポートを書き上げて、そのレポートを提出するため郵便局まで持っていきました。

土曜なので、近所の小さい郵便局は閉まってるので、池袋の豊島郵便局まで行った。


■風邪をこらえてフラフラしながら、そして道を間違えながら、夕方六時に豊島郵便局に到着。この郵便局、もうちょっと池袋駅の近くに作ればいいのにな。でもまあ、ブースカみたいな局員がいるから、許す。


■で、自動販売機でゲータレード買って飲んで、ちょっとだけ回復したり、その直後、阪神タイガースのユニフォームのレプリカ?(くわしくは知らん)みたいなのを着て『中学生になったらねー、小遣いでタバコ買って吸うんだよ』とか呟いているキチガイの女とすれ違ったりしながら、池袋駅について。電車で石神井公園の駅まで戻った。


■そのあと、やっぱ、ちゃんと食べないといけないかなーと思ってココイチでチキン煮込みカレー食べたり。スーパーで食料買い込んだり。パブロン飲んだり。


■あれですよ、風邪の時はリンゴジュースとアロエヨーグルトが美味い。


■で、今日は一日中、ファミリーマートで買ってきた物を食べて寝て、をずっと繰り返してました。


■まだ頭はボーっとするも、ノドの腫れ、鼻水、くしゃみが治まってよかった。ほんとに土曜は何百回くしゃみしたかわからない。鼻水なんか、ボルビックの500mlボトル2本ぶんくらいは出てたんじゃないか。


■でもレポートの提出は間に合って良かった。リアル〆切よりも、一日早めの『マイ〆切』を設定しといて本当に良かった。

みなさんも夏風邪には気を付けてください。


【付記1】池袋って、「なにかの支店」みたいな店ばっかりだな。

【付記2】ヒタチさん、イベント行けずすみません。

【付記3】7/7のエントリは、いま読み返したらあまりにも適当すぎるので消します。〆切直前の勢いって怖い、というかひどいですね、まったく。


■七夕の夜


七夕の夜、君に逢いたい
消しました。ヽ( ´ー`)ノ (2006/7/9)


■掃除機/京都/アンビエント


■引き続き省電力モードでお送りする半蔵商店です。


■掃除機とどきました。すごい。ためしにこの機械を使ってみたところ、いままで見て見ぬふりしてた部屋のホコリが一瞬で吸い取れた。いままでクイックルワイパーで律儀に掃除してたのはなんだったんだ。アトム発明から3年も経ってるだけあって、科学ってのはだいぶ進歩してますね。


■来週は大阪行きます。あ、これは昨日も云ったね。


■あと、来月、京都に行く用事が出来ました。せっかくなので、ついでに観光もしようかと思います。

話がずれますが、しかし、大きなお寺の廊下の角を曲がる瞬間って本当に落ち着く。この話は機会があればまたいずれ。


■ところで、YAGYAという外人の『Rhythm of Snow』というアンビエントのCDがすごくいいらしいのですが、どこで手に入りますかね。


■省電力とか云ってるわりにはちょっと長く書いてしまいました。また明日。


■マシュマロのおいしい算数


■同窓会でもアウェイの空気。半蔵です。


■ハーゲンダッツのチーズケーキ味を食べながらお送りしている半蔵商店なんすけども、すいませんけども、今週は忙しいので、省電力モードで更新しています。今週は、いつもより、〆切のある仕事が多いのです。

そんなわけで、バタバタしてます。というか、バタバタしてるわりにはいろいろ空回りしていて歯がゆい、というのが正確なところです。

こないだ届いたXP-60に、まだ電源いれてません。


■あと、来週は諸般の事情で大阪に行くことになりました。面倒だよな。むしろ大阪のほうが東京まで来てくれればいいのに。とか、そういう面白くないことは云わないことにする。


■では今日は、最近買った本、『マシュマロのおいしい算数』を紹介して終わりにします。

マシュマロのおいしい算数

これはかつて、くもん出版が出していた『コペル21』という小中学生向けの科学雑誌に連載されていた算数マンガの単行本です。

いま読み返すと、内容がガキっぽいんだけど(当たり前だろ)、なつかしい思い出にひたれるので、良い。

て、最近のヤングはコペル21自体を知らなかったりするのかな。

■いま検索したら、2chにコペル21のスレが、あったんだけども、しかし、これ。

あとひとつ見つけたけど、これも。


■ではまた明日。


■聞けば、見えてくる。TBSラジオ


『伊集院光 楽太郎 第二関節』

でぐぐると新しい世界が。


■にんにくゴロゴロ納豆カレー


■話をオチの部分まで聞いてもらえないタイプの半蔵です。


■今日は、にんにくゴロゴロカレー にんごろうというナウい名前のカレー屋に行ってきました。

おれは、反社会的なまでに大量のニンニクを、カレー、ラーメン、豚汁、などに投入して食するのが大好きだったのですが、いや、今でも好きなのですが、食った直後は本当に反社会的な口臭/体臭になってしまうので、立派な社会人になった現在ではそういうアナーキー イン ザ UKな食い方はしておりません。

せいぜい、家で食べるカップのカレーうどんに、食べた後の匂いが気にならないという売り文句の「マイルドにんにく(青森産)」を一粒いれるだけ、という非常に慎ましいガーリックライフを送っているわけです。


■でも日曜の昼だし、その「にんにくゴロゴロカレー」とやらを食っても、誰にも迷惑をかけることはないのではないか? という司法的判断により、この店に出向きました。

「にんにくゴロゴロ納豆カレー」なるものを発注して、待つこと数分。出てきましたよ。

にんにくゴロゴロ納豆カレー

■一見ふつうのカレーですが、煮込まれたニンニクが五粒も入っています。五粒はたしかにけっこうな量です。

実際に食べてみると、すでによく煮込まれてるためか、ニンニクの粒を噛んでもそんなにきつい味はしませんでした。いや、ほんとはかなりのニンニク臭なのかもしれないですが、カレーを食べ進むうちに鼻がすでに効かなくなってきたのかもしれません(もしくは、このカレーにもマイルドにんにくが使われているのかもしれません)。

とか考えてるうちに、食べ終わりました。ちなみに、ルーはわりかし日本スタンダード的な味です。


■ニンニクの粒をまるまる口の中に放り込む、という事実だけでも疲れが回復しそうな気がします。次は、ちょっと疲れ気味の木曜の夜とかに行くかもしれません。

あと、「おれ、ニンニクが五粒も入ったカレーを食ったぜ!」とヒトに話す権利が得られる店というのもそんなに多くないと思います。

ただ、納豆にニンニクというのは、合わなくはないですが、それほど合うわけでもなかったので、次回はもっとニンニクと相性の良さそうなトッピングで試したいです。スパムとか。


■本日のビール/ザ・ プレミアム・モルツ 500ml


・きょうは暑いので、ほんとに、単なる近況報告です。単なる。ほんとに単なる。


・BMXの練習中に顔を骨折した弟が退院。手術代&入院費は25万円(;´Д`)。25万て。メタルのカセットテープが何本買えるんだよ。

BMXとかスケボーとかをたしなむヤング向けの保険商品が出るといいと思う。


・最近コンビニで売られてる、レッドブルとかいう飲み物を試したいけど試すきっかけが別にないので試していないし、試してやる義理もないし、清涼飲料水の新商品なんか試したら負けだ。そこまで云わなくてもいいか。

オーストリア製ってところがなんか気になります。しかし300円は高いな。


・掃除機を買うことにした。やはりクイックルワイパーだけじゃもう限界です。

しかし、掃除機一台を選ぶために、わざわざ店を3軒くらい回ったり、価格コムやAmazonのレビューを読み比べたりするばかりで、なかなか決められない自分に腹が立つ。


・おっとっとが、思ったよりもカロリーが低いことが分かった。これからは、プリングスやドリトスを食べたくなったときはおっとっとで代用することにする。


・ええ、ダイエットのため、最近はぐーぴたっとか食ってますね。真顔で。

一口にぐーぴたっと云っても、ビスケット、クッキー、グミ、グラノーラビスケットの4種類ある。そして、ぐーぴたっの妖精というのもいる。こんなもん考えてお金をもらってるヒトがこの地球上にいる。

しかし商品名を「っ」で終わらせるなよ。地の文に埋もれて読みにくいじゃないか。発音もしにくいし、困った。


・そういえば、『っポイ!』というマンガがあるが、妹の友達は、このタイトルを、

『ツッポイ』

と発音していたそうだ。気持ちは分かる。


・本日は以上です。お疲れさまです。