■2016/12/29〜2017/1/3はパリではなくバリにおりました。

■業務連絡


■大好きな三月も今日で終わりです。最終回です。残念です。四月なんか廃止して、三月を61日まで延ばせばいいのに。

■それでですね、お知らせしたいことがあります。

この冬は一回も、会社に行くときに

タ イ ツ を は き ま せ ん で し た。

( ´д)人(´д`)人(д` )イエー

もちろん、モモヒキもはきませんでした。

■と、まあ、こういうことを気にするようになったらもう若くないですね。

あ、そういえばタイツははいてませんでしたが、ほぼ日ハラマキはしてました。だから、なんか引き分けっぽい。


■二万五千円の床屋


■契約不履行じゃねえか。と云いたくなるくらい寒いね。まだ冬ですよこれは。

■さて、うちの会社の近くに、超ウルトラ激ハイパー高級な床屋ができました。美容室じゃなくて、あくまでも床屋です(なので、顔も剃ってもらえます)。

カットだけでも五つのコースがあり、一番安いコースで5000円。それからグレードが上がるたびに、7000円、9000円、11000円、15000円と高くなっていきます。細かい数字はうろ覚えですが、だいたいこの値段です。床屋で15000円だぜ。すげえ。ディスクシステムが買えちゃうじゃないですか。都心にそういう高級理髪店があるとは知ってましたが、渋谷区内にも出来たんですね。

■さらにその上を行くコースもあって、そのコースではお客一人のためだけに真空管アンプの本格オーディオを完備した個室を用意。この個室で髪を切り、顔を剃ってもらえるようです。料金は25000円!! 池袋の駅構内とかにある1000円床屋に25回行けます。もしくは、沖縄に未だに初代PCエンジンを新品&定価で売ってる本屋(なぜか本屋)があるのですが、その店でPCエンジンも買えます。

■会社の先輩に、この高級床屋の話をしたら、

「これは…………………………風俗じゃないのか?(;´Д`)
床屋のフリした風俗でしょ?」

と、真顔で云われました。たしかに、「50minutes \5000」「2hours 30minutes \25000」とかいう表記は、まあ風俗っぽいですね。場所も青山とか代官山じゃなくて円山町(※ラブホ密集地域)だし…。

■そのお店のサイト。
「ザ・バーバー」


■ロッカールームにて


スポーツジムで運動を終えて、ロッカールームに戻ってくるたびに、不機嫌そうな早口のポルトガル語で大声でわめきちらしながら、手荒くロッカーをガチャッ!と開けて、タオルを取り出すと同時にロッカーをバーン!と足で閉めて、傍らにあるゴミ箱をドカッと蹴り倒してから、ベンチにドスッと座り、「あの判定は納得いかなかった」という表情で顔を左右に小さく振りながら目を閉じて大きなため息をつく――――

という、機嫌の悪い外人サッカー選手みたいな一連の動作をやってみたくなるんですけど、これって別に正常ですよね?

みなさんもそうですよね?(確認)


■しばらくお待ちください


ピータン

本日の夜、更新します。
(写真は、ピータンです。)


■ことえりはバカ の検索結果のうち 日本語のページ 約 201 件中 1 - 10 件目 (0.14 秒)


で、その、マッキントッシュという、アメ公の作ったコンピュータで仕事してたわけですよ。敗戦の悔しさを噛みしめながら。今日も今日とて。

それで、おれは、画面に『支えるということ』と打ち込みたかっただけなんです。支えるということ。ね。どこもおかしくない真っ当な日本語だと思う。

そしたら、こんな変換をしてくれました。

サ冴える都いうこと

はい問題外。サ冴える都いうことですかそうですか。よくわかりました。もういい。マッキントッシュは「ことえり」というご覧の通り超ウルトラスーパー優秀な日本語変換ソフトをあれしてるのですが、もうこれは業務威力妨害に近い。仕事する気しねー。日本の生産性を下げようとする米国の陰謀に決定。はい決定。ANAのクレジットカードでマイルが貯まったら、飛行機でカリフォルニアまで行ってスティーブジョブスとかいう外人に文句を云ってやりたい(うちのアパートの水洗トイレのタンクの調子が悪い件について)。

そのあと、二人でダンキンドーナツとかバーガーキングとかデイリークイーンとか行きたい。日本にはもうないから。


■デスメタル駒ちゃん


きょう、お笑いのライブに行って(またかよ)、そこで知ったのですが、ニューロマンス(というお笑いトリオ)の、デスメタル駒ちゃん(という芸人さん。ちなみに男)が、「突然、今月から音信不通になり、他の二人のメンバーと連絡が取れなくなった」という斬新すぎる理由でニューロマンスを脱退したそうなんですよ。

しかも、まだトリオ結成3ヶ月目で。

しかも、この駒ちゃんが実はこのトリオのリーダー。

しかも、リーダーなのに、3分半のネタで出番が5秒だけとか、そういう露出度。

しかも、体重が48キロ。(←関係ない)

ニューロマンスはこれから二人組として活動していくそうです。二人組のニューロマンスも面白かったです。が、デスメタル駒ちゃんに強力に笑わされたことのある拙者としては、せつないですよ。駒ちゃんカムバック。話は変わりますが、下の写真は昼に食べたかつ丼です。

かつ丼


■有楽町でカキを退治したでござるの巻


■カキ星人が東京を侵略しようとしている!

そんな不穏な情報を聞きつけた私は、日本国民、いや地球市民(≒プロ市民)の一人としてこの星の平和を守るため、カキ星人どもに戦いを挑むべく有楽町に急ぎました(東京メトロに乗って)。

っていう感じで話を進めようとしたけど、大変そうだから普通に書きます。

■有楽町の「レバンテ」というお店に、牡蠣を食べに行きましたよ。なんでかというと、牡蠣が食べたかったからです。説明になっていない。

■この冬は、あんまり牡蠣を食べなかった。スーパーで生食用のパックを買って食べたぐらいです。あと、社員食堂のランチに、一度くらいはカキフライが出たかもしれない。

でも、ほんとにそれくらいしか食べてないので、牡蠣を本格的に味わわないうちにシーズンが終わるのももったいないと思って、至急、食べに行きました。

生牡蠣
▲的矢産の生牡蠣。的矢という土地については、よく知らないので、あとで検索して頑張って調べます。

カキフライ
▲カキフライ。このお店の名物だそうです。

殻焼き(チーズ)
▲殻焼き(チーズ風味)。うまい。

牡蠣と牛フィレ
▲カキの青バターのせ牛フィレステーキ。うまい。

カキピラフ
▲カキのピラフ(シャトーソース添え)。うまい。

殻焼き(トマト風味)
▲最後に殻焼き(トマト風味)。当初は「〆は、もういちど生牡蠣で」とか考えてたのですが、先ほどのチーズ風味が美味かったので、再度殻焼きを。

■と、ひたすら有楽町カキ祭'06春を、2時間強にわたってお送りしたのでお腹いっぱいです。これで、次の秋まで牡蠣を我慢できるというものです。

けれど、オフシーズンに誰かと牡蠣の話になって、変に食欲に火がついてしまって、
「あー、牡蠣食いたくなってきちゃった」(;´Д`)
「しまった。冬のうちに食っとくんだったよ」(´Д`;)
みたいな気分をわかちあうのも、また一興だと思います。


# このお店は、東京国際フォーラムというビルの中に出店しているのですが、
同じビルの中にあるam/pmがめちゃめちゃかっこいい。
棚とかが普通の店舗とぜんぜん違う。天井も高い。なんかサイバー。
あと、このビルはトイレも壁一面ヘアライン加工金属でサイバー。


# しかしチーズ風味の殻焼きはうまかったです。


■心の中で「iPodなんか買わないぞキャンペーン '06春」を繰り広げている人は、けっこう多いと思う。


■このエントリの日付は3/25ですが、精神的には3/24分の更新です。ここ最近に、思ったり、知ったりしたこと等を、何個か書いてみます。内容はとくにありません(まあ、いつもそうなんですけど)。タイトルも本文の一部です。

■ジムで運動する前に、ジムのテレビ画面に流れる教則ビデオを見ながらストレッチするんですけど、その教則ビデオに出てくるインストラクターが、おれに「タモリ倶楽部を見ないなんて、人生半分損してるよ」と忠告してくれた前の会社の先輩にけっこう似てるんですよ。だから、ストレッチしながら前の会社のことをちょっと思い出すことも、ないではない。

現代的キャラクターデザインのお地蔵さん。
こういうのもあるんですね。

■昨日は夜の8時半すぎには寝ました。いい歳の男が金曜の夜に、呑みにも出かけず、交尾もせず、笑金を録画しながら一人で就寝。これはもう、健康的を通り越して気持ち悪い。自分でも。

で、今朝(3/25)も1時半に起きました。朝じゃねーよ1時半は。虎の門やってるし。

■あー、もうちょっと生活改善しよう。夜更かししたり、深酒したり、そういうことやんないと。

ということでちょっと早いけど4月の目標

・金・土はせめて夜の2時くらいまでは起きる。理由はなくても。
・酒は二日酔い寸前まで飲む。
・むしろ平日に飲む。
・クラブ(機械的な音楽が流れてる方の)とか、居酒屋とかも行く。
・夜食のピザやハンバーガー類、酒の後のラーメンなど、体に悪い食事をちゃんととる。

がんばります。

(3/25 4:45am 記)


■こんな物をもらった


■土踏まずの皮膚のカサつきが治ってきました。春です。半蔵商店です。

■きょう会社で、上司が机の中を大掃除してました。年度末らしい光景です。

■「これ使う? あげる」
掃除の手を休めた上司が拙僧の席に近寄って、ものを手渡してきました。

それが、これです。↓












アイマスク

アイマスクだそうです…………………………………
…………………………………………………………
…………………………………………………………
…………………………………………………………
…………………………………………………………
…………………………………………………………
…………………………………………………………
…………………………………これを使いこなすには相当のファッションセンスが要求されます。おれには無理です! すいません。

■このアイマスクを掛けたままコンビニに行くとか、そういう企画をブログでやれということですかね、これは。やんないけど。

■しかし、なんでこんなの持ってたんですかね、上司。


■バイトしろ兄/がんばれ妹


帰りの電車。いつもながら満員の西武池袋線急行に乗ると、おれのすぐ近くで女子高生二人組が世間話をしていた。声を潜めてないから、別にヒトに聞かれてもいい話みたいだ。話の内容から察すると、二人とも高校2年で、来月からは受験生になるようだ。

この二人組の片方の女子の話が、個人的にグッと来たので、ここに載せてみます。



(以下は、すべて同じ女の子の発言です。誤解なきよう)

「うちね、お金が無くって、公立の学校にしか行かせられないって親から云われてて」

「だから、東京音大(私立)はあきらめて、東京芸大(国立)めざすことにしたの」

「でも、うちのお兄ちゃんは、すっごいお金かけてもらってて…」

「すごいお金のかかる大学で、入学1年目だけで170万もかかったんだって」

「しかもお兄ちゃん、大学一年の時に車の免許も取らせてもらってるのね。30万くらいかけて」

「あと、(お兄ちゃんは)高3のとき予備校に通わせてもらってて、そのお金も年50万くらいだったはず」

「それで、うち、もう貯金ないから、って云われて」

「わたし来月からトランペットの先生のところに通うけど(※受験対策だと思われます)、その月謝も出せないって」

「それで月謝は自分で払うことにしたから、こないだからバイトを始めた」

「お兄ちゃんも大学一年の時、バイトを始めたけど、一ヶ月しか続かなかった」

「お兄ちゃんはあんなにお金かけてもらってるのに……」



この「お兄ちゃん」とやらを石神井公園のモスバーガーに呼び出して、45分にわたり説教してやりたくなった…。妹のためにバイトしろ! 兄! そしてがんばれ! のり子!(←勝手に命名)


■筋肉は衣服の一部です


■じゃあジムで気づいたことを書くクマー。

■ジムには、70歳近いんじゃないかと思われるお年寄りにも体全体がピシッと引き締まった人がいて、20歳そこそこなのに体のラインがにんともかんとも曖昧なヤングがいたりする。つまり、年齢に体形の良さは関係ないんですね。当たり前といえば当たり前ですけど。

■で、ここからが今日気づいたことなのですが、体形の整った人は、年齢を問わずウェアまでもがかっこいいですね。ちゃんと体に合ってるサイズを着て、配色もバランスがいい。

反対に、体形が整ってない人は、年齢を問わず、ウェアもかっこ悪いんだな。おもいっきり腹が出てるやつに限って、なんかくすんだ暗いカラーリングの服だし。なのに靴は白。

■着る物に無頓着な人は、おそらく自分の体形にも無頓着なのではないか、筋肉や脂肪をうまく「着こなす」ことができてないんじゃいだろうか。と考える次第であります。

■で、おれはまあ、云うまでもなく無頓着組です。がんばろう。

■おまけ。6年前写真。

ハニワ

うちの学校にあったハニワ。けっこうでかい。
たぶん考古学研究室とかの近くにあったと思う。
冬はマフラーを巻かれたりしてた。
(2000/11/22撮影)


■休日にこういうサイトを見てると、時間がいくらあっても足りません


http://www.geocities.jp/trivia_in_anime/flame.htm

http://hanaballoon.com/dorachan/

http://jiko.tv/

■↑どれも面白いので、ハシゴしてると2時間くらい楽勝で経ちます。なんらかの予定がある人は気を付けてください。

ちなみにおれはこれから、朝メシ食って、会社の宿題やって、ジムに行って、お笑いのライブ(2本)行きます。一人で。

■おまけ。5年前写真。

牛丼

うちの学食の牛丼です。なつかしー。この写真を見てると、
久しぶりに学食の牛丼が別に食べたくなってきません。
ちなみに、デフォルトでつゆだくでした。
(2001/2/3撮影)


■ブースカの写真を発掘してみました


■こないだ入会したジムに、きょう初めて行ってきました。衝撃的だったのが、バイク、ね、エアロバイク、あのあたかも自転車のように漕ぐやつ、真顔で。あれに乗ったんですけど、エアロバイク一台一台に液晶テレビが付いてるのな! だから、サンデージャポンとか観ながらペダル漕いで体力増強がはかれるんですよ。びっくりですよね。

今日は2時間ばかり体を動かしてきました。わりと続けられそうです。あとはジムの中での、暗黙の了解に基づく暗黙の規則を学ぶだけです。こういうのを察するのが苦手なんだよなー、おれは。まあそれも含めてのトレーニングということで。

■あと、シャワー室のカーテンを閉めずにシャワーを浴びてた人がいた。なんのためのカーテンかと。しかも日曜の午前中から60歳ぐらいのおっさんのチンコを見たいって人はあんまりいないと思うんですよ。需要がないのに供給するなと。供給過多だと。こうやってデフレって悪化していくんだなあ…(←違うと思う)。

■前置きが長くなりましたが半蔵商店です。部屋から、むかし撮った写真約1000枚が発掘されたわけですが。

紙焼き

このIT時代、写真はデータ化しといた方がなにかと便利なんですが、これを一枚一枚スキャンするとなると大変な作業です。日本のGDPがちょっと上がります。大量の紙を連続して読み込むスキャナというのがあるらしいのですが、そういうスキャナはあくまで文書専用で写真には向かないらしいです。

もうこうなったら、
1)普通のスキャナで一枚一枚、合計1000枚スキャンする
2)写真1000枚をぜんぶ捨てて無かったことにする
の2択問題になるわけですが、2)もけっこう悪くないよな、と思う今日このごろ。

■ということで今日は、1000枚ある過去写真の中から厳選した、ブースカ写真を3枚載せておきます。

ブースカと千円札
▲自分の部屋にて。透明の状差しのブースカ。
二つに折った千円札に生活感が出ています。


ポールスミス
▲福岡のポールスミスの店頭ディスプレイ。
いいと思う。(←他に表現の仕方はないのか)


ブースカ@住宅展示場
▲住宅展示場かなんかのイベントに来ていたブースカ本人。
日曜日なのに営業してます。意外と働きもんです。
タスキには「朝日新聞CMキャラクター」と書いてあります。


■普通の土曜日の日記


1:30am
起床。やっぱり早起きは気持ちがいいですね。
テレ朝「虎の門」みるが、今週はちょっとあれだったので、
しょうがないから部屋を片づけることにする。

2:30am
部屋片づけ中、「TVチューナーの付いたパソコンが一台あれば、
この無印良品のテレビデオと東芝のHDDレコーダーは要らないじゃん」
と、やっと気づく。

3:00am
大学時代に撮った写真が大量発掘。
次々によみがえってくる情けない思い出の数々。
うわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわ
と、赤面しながら、50枚ほど破って捨てる。

福岡のクラブで撮った、脱線3のMC BOO氏とのツーショット写真も発掘。
これは取っておく。

4:00am
1時間ばかり休憩。その後、部屋片づけ再開。

7:00am
「♪あり〜がと〜、さよ〜なら〜、ガ〜イジン〜」
という替え歌を、電話で弟に聞かせる。

7:30am
YMOの「CUE」という歌を、感情を込めて唄いながらシャワー。

8:00am
燃えないゴミを出して、駅に出発。
部屋片づけは、まだ35%ぐらいしか終わっていない…。

9:00am
渋谷の東急エクセルホテル25Fのレストラン(海抜100m)でメシ。
好物の、おからのサラダがあったので、しっかり食べる。
レストランからの眺め おから
あと、今週はずっとバターと蜂蜜をたっぷり塗ったパンケーキを
たくさん食べたいと思ってたので、食べた。

10:15am
ホテルを出て散歩。

10:45am
用はないが、紀伊国屋に寄る。いろいろ見る。

11:45am
乃木坂のTOTOビル。本屋で立ち読み。
このビルにいると落ち着くので、年に何回かだけど行く。
階下の、TOTOショールームも落ち着く。
TOTO左 TOTO右
写真左:地下一階のショールーム
写真右:そこで見つけたおしゃれな小便器(11万円)

12:45am
用は無いが六本木ABCに寄る。
前を通るたび、用も無いのに立ち寄ってる気がする。

1:15pm
麻布十番を散歩。住みたくなる。家賃高そうですが…。

2:30pm
大江戸線に乗る。電車の中では全身全霊で昼寝。

3:00pm
練馬に到着。
練馬には悪いが、さっきまでいた麻布十番と練馬をつい比べてしまう。
「所得の二極分化」「階級化社会」「経済格差」という単語が浮かぶ。
品揃えにあまり面白みのないブックオフへ。

3:30pm
悪くはないが、どこか苦戦している感のある中くらいの文具屋で、
名刺入れを購入。今朝の大掃除で、各種ポイントカードやら
各種診察券が大量発掘されて、整理整頓したいなあ、と思ったから。

4:00pm
練馬から石神井公園に戻る。
駅から家に戻る途中、「アメリカ横断ウルトラクイズの、正解/不正解の効果音は
MSXで作ってるのではないか」と、ふと思う。

5:00pm
コンビニで買ったピルクルを飲みながら、
部屋の中で発見されたポイントカードやら診察券やら、名刺やらなんやらを整理。
買ってきた名刺入れにファイルする。
ビックカメラのポイントカードが4枚も発見される。
どういうことですか。
ビックカメラ
あと、さくらやは3枚、ヨドバシは2枚発見。

6:00pm
この日記を書いた。

9:30pm
そろそろ日記をアップしよう、その前にちょっと横になろう、
と思って、まあ案の定、そのままうたた寝。

本日6:00am
起きた。

本日6:45am
この日記をアップした。


■いつの日か必ず役立つ知識


シーザーサラダ用のドレッシングを、納豆にかけると美味いです。


■そこまでして食いたいか寿司


■渋谷のマークシティというビルの中に、すごい人気のある寿司屋があります。

■そこは美味しくて値段も安いらしく、いつ行っても行列が出来ていて、おばちゃんの集団、ファミリー、カップル、などがわいわい喋りながら順番を待っています。

おれも、そんなに人気があるお店なら一度は行っとこうかなあと思うのですが、なにせあまりの行列なので、なかなか店に行くタイミングが合わず、いまのところ行かずじまいになってます。

■先週土曜も渋谷をカメラ散歩してる際にこのビルの中を通って、この寿司屋のそばを通ったのですが、この日もやはり大行列でした。それもお昼時だったので列はさらに長かったです。

で、ああだこうだしゃべりながら寿司の順番を待っているおばちゃん集団/ファミリー/カップルの列の中に、一人だけ、

床 に 新 聞 紙 を 敷 い て 、

そ の 上 に 体 育 座 り を し 、

文 庫 本 を 読 ん で い る 中 年 男 性

が、いました………(´Д`;)

■中年男性半径50cmの空気から察するに、この男性は連れはおらず一人だけで並んでいる模様。誰かの分の場所をも同時にキープしている、ということでもなさそうだった。

■あのさー、男一人で寿司屋行くならさー、銀座とかさー、他にふさわしいとこあるでしょ? なにもこんな繁華街で…。せめて新聞紙はよそう。というか体育座りもやめれ。

周りの家族連れとかは、この中年の存在を意識しないようにするのが大変だったのでは?と想像されます。こんな人の隣ではあまり寿司食いたくないよね。

■しかも、ズボンの裾が短めだったし。

# そこまでして並んで食べたいほどに美味い寿司、ということなんだろうか。
ちょっと好意的に解釈すると。


■妙なスレ


http://natto.2ch.net/recruit/kako/981/981912108.html

↑ハードディスクの中を掃除してたら発掘されたスレです。以前も紹介したかもしれませんが、改めて読むとおもしろかったので。

このスレの1も、「そういえば、おれって5年前にこんなスレ立てたんだよなあ…」と思い返しながら湯舟につかったりしてるんですかね。

いま、「ゆぶね」と打ち込んだら、「湯舟」と「湯船」と出てきたが、ちょっと迷って「湯舟」にしました。理由は、こっちの方が日本の家庭、という気がするから。


■過去ログが復旧しました


見本

■このブログでは"sb"というスクリプトを使っていたのですが、本日よりそのsbの続編(と云うのだろうか)である"Serene Bach"というスクリプトに入れ替えました(ま、見た目はほとんど変わらないのですが…)。

■スクリプトを新しくしたおかげで、2005年6月〜8月の過去ログが無事復旧しました。
( ´д)人(´д`)人(д` )イエー

ただ、なぜか7月前半のログがごっそり消えちゃったんですよ…。まあいい。Web上にあるデータなんて、遅かれ早かれいつか消えて無くなるんだから。しかしあれですよ、web.archive.orgとかgoogleのキャッシュ機能を過信しちゃいかんですな。Webにあるものは読めるうちに読んでおかないと。

それと、ブックマーク欄がなぜか空白になってます。こちらは、直せるようでしたら直しておきます。また、日付欄の表記が日本語から英語になってしまいましたが、これもゆくゆくは日本語に修理したいです。

■あと、実はひそかに故障していた右サイドバーの検索欄も復活しました。お好きな言葉(「生麦事件」等)を入力して検索してみてください。

■sb→Serene Bachへ移行にするにあたり、宵闇書房さんのエントリが超参考になりました。超ありがとうございます。

■なお、写真は江古田の喫茶店に飾ってあった見本で、本文とはまったく関係ありませんが、美味しそうだったので載せました。


■お詫びとお知らせと写真


写真 写真

写真 写真d

e f

■このブログの2005年6月〜8月の過去ログが読めないようになっております。すみません。すみません先輩。自分、きょう気づきました。原因は不明です。ゆくゆくは復旧させますので、お待ちください。

■解決策
・sbをクリーンインストール。
・これもなにかのきっかけだと思ってSerene Bachをインストール。
・いっそMTに移行。
・もしくはteeter totterに移行。
・逆に、レンタルブログに移行。
・あえて、一からタグを手打ちして'99年ごろっぽいテキストサイトを作る。
・どれも面倒。
・5000円払って誰かに作業してもらいたい気分です。

でも、インストールしなおしたりしても、エラーとかたくさん出てきたりするんだろうなあ……で、そのエラーをまたコツコツと復旧して……考えただけで面倒くさいなあ……。

もし一度もエラーを出さずに過去ログを復旧できる確実な方法を教えてもらえるのならば、おれはこのブログのタイトルを『糸井重里 on the ビーチ』に改名してもいい……。(この2行、ちょっとゲッツ板谷ふう)


■業務連絡だけだと寂しいので、写真をいくつか載せておきました。先週の土曜日に撮ったやつです。写真の原宿のフレッシュネスでは、1170円分も食事したのに、クラシックダブルダブルバーガーが食べづらくてボトボト落とすし(※こんなもん食うほうの責任ですね)、手はケチャップでベトベトだし、店員も無愛想だし、結局390円分くらいの満足感しか得られなかったけどいろんな勉強になったからナイス。しかしフレッシュネスサラダはもっと野菜を細かく切るべきではないか。どうせ原価28円くらいの野菜なんだから、もうちょっと手間かけてもバチは当たらないと思う。


■次号のサイゾーに載ってそうな、漫才師二人のやりとり


田中「あと最近気をつけないといけないのがウィニーによる流出事件だね」


太田「あー、いろんなとこから情報が流出してますからね。自衛隊とか、保険会社とか、村上春樹とかね」


田中「いや、村上春樹のはウィニー関係ないだろ?」


太田「しかし村上さんも恥ずかしいだろうね。自分の出てた裏ビデオが出回っちゃ」


田中「流出の意味が違うだろ!」


太田「双子と3Pしてますからね、『1973年のチンポール』つって」


田中「ねえよそんなビデオ! しかも全然うまくねえし!」


太田「あと『ねじまき鳥クンニリングス』とかね」


田中「もっとうまくねえな! それ!」


太田「ま、こっちは村上春樹の裸なんて別に見たくないんですけどね」


田中「おまえが云い出したんだろ! いい加減にしろ!!」





いや、やっぱり載ってないかもしれない。


■体育


■火事ですか救急ですか? それともあ・た・し?

といった意味も含めまして今日スポーツクラブに入会してきました。

■なんでスポーツクラブかというと、おれは小学生のころからスポーツ大嫌いだったので、やってたスポーツといえばハイパーオリンピック(ファミコンの)くらいで、体を動かした経験が一切ないので、この春は意表を突いて運動してみようかと思ったわけです。誰の意表を突こうとしてるんですか。いいじゃねえか別に。

↑スポーツクラブに通えば、こういうひねくれたことを書く性格も治るかもしれない。

■8キロ減らして標準体重になって、腹を引っ込めるのがさしあたっての目標です。

次は日サロに通って、ロン毛にして、エクステとかつけて、着メロもトランスとかにしてギャル男になりたいです。「ふっわ!ふっわ!」と掛け声をかけながらパラパラを踊りこなしますのでよろしくお願い申し上げます。敬具

■今日は入会手続きと簡単な説明だけ(トータル1時間強)だったんですが、運動やる気満載のたくさんの人々が走ったり飛んだり跳ねたりしているスポーツクラブという建物が、やはり肌に合ってなかったらしく、部屋に帰ると4時間も昼寝をしてしまいました。

がんばろう…。


■春はカメラもって散歩


■晴れてたので土曜は散歩してましたよ。春の午前中から散歩。しかも手には買ったばかりの新カメラ。最強。

■カメラをならすため、あれこれ撮ってました。その写真を一部ご紹介します。

写真1

▲マスターカードの旧ロゴ看板。上のDCロゴと色合いがマッチしてて最高です。最近はあまり「マッチして」という云い方をしないような気もしますが、マッチしてます。

写真3

▲上の写真とは別のお店では、マスターカード旧ロゴとVISAの最新ロゴを並べて貼ってました。このミスマッチもいいですね。「マッチ」よりは「ミスマッチ」という言葉の方がよく使われるような気がします。

写真2

▲JCBの看板です。この微妙な曲線が、もう


え? 興味ないですか? そうか……。

■じゃ写真はこのくらいにして。そういえば、渋谷区内某所を散歩してたところ、ナウい家を発見しました。


まず、その家は高級住宅街にあります。ナウい。


で、敷地はかなり広いです。ナウい。


しかも外装は、打ちっ放しコンクリートでモダンです。ナウい。


そのうえ、壁には大きめのゴシック体で

KIKI KIRIN

と書かれていました。ナウい。

■ところで、これはあくまで個人的な感想なのですが、このお家に女優さんが住んでるような気がすごくするんですよ、なぜか。


■需要がなくはない気がするサブカル漫才/サブカル漫談


■今週は月曜も火曜もシアターDでお笑いのライブを観てきました。2日続けてかよ。

■「このごろお笑いライブに行き過ぎだよなー、おれ」とさすがに大いに反省したので、水曜日はローソンで別のお笑いライブのチケットをやっぱり購入。その帰り道、芸人をやってるT君から電話がかかってきて「まあメシでも」ってことになって新宿で合流。近年の若手お笑いについてみっちり180分間語り倒したあと、T君が出るライブのチケットをT君から直接購入。

■つーことで先月にひきつづき、今月もお笑いのライブにちょこちょこ足を運ぶことになりそうなのですが、思いついたんですよ、新しいタイプのお笑いを、おれ、今日。

倒置法の変なところはお詫びします。

■話を戻しますが、サブカルを扱ったお笑いってあまりないじゃないですか、だからサブカル漫才やサブカル漫談をやるというのはどうだろうか、と思いついたのですよ。

たとえばですが、クイックジャパン・WIRE 05・バカサイ・スタパ齋藤・宝島・KLF・西島大介・テキストサイト・NIGO・戸川純・コミックIKKI・プラスチックス・渋谷直角・啓蒙かまぼこ新聞・ディスクユニオン・VOW・町田町蔵・タイクーングラフィックス、とかそういう単語がビシバシ飛び交う漫才/漫談を、誰かやってもいいんじゃないですかね。"relax"(雑誌)の迷走ぶりをネタにしたりとか。

■逆に、サブカルキャラを演じるコントというのもアリだと思います。

部屋で一人でいるときの野宮真貴コントとか(←劇団ひとりがやったら面白いかもしれない)。あと、小山田と小沢の格好をしたフリッパーズなりきり漫才とか(ひとネタやるごとに「♪かーみーをー切るーさー」と歌う)。もしくは桜玉吉・O村・ヒロポンの人間関係を描いた3人コントとか。

あと、「元ナゴムギャルのその後」コントとか。見たい。

■サブカルお笑いをいまのうちに始めとくと、たぶん第一人者になれるのでは? ならなくていいか。

■もしそういうサブカルネタのお笑いのライブがありましたら、おれもテイトウワと小西康陽のモノマネで参加したいと思います。あ、でもさいきん練習してないから自信ないです。

■あと、サブカルではないですが、「バスを待っている、90年代半ばの沖縄の男子中学生」というネタもあります。これは恥ずかしいので人前でやってません。

たまに、台所で一人でスパゲティを茹でながら、このネタをやります。一人で。むなしいけど面白いです。


# というか、お笑い自体がサブカルなのかも、という気もちょっとします。


■多少ほしかったカメラ そこそこ探してた いちおう手に入れた♪


Optio A10

■仕事帰りに池袋のさくらやで、こまごまとした買い物をしました。

CD-Rの10枚パックと、60ワットの電球と、ついでだからデジカメを買いました。フジフイルムのFinepix Z2です。


■こないだまで使ってたキヤノンのIXY DIGITAL Lは、結局2年ももたないうちに壊れたダメダメ2等兵でした。

しかし、おれが2000年秋に買ったフジフイルムFP1300というデジカメは修理知らずでいまだに現役(いまは母親が使用)ということもあり、今回はキヤノンでなくフジフイルムのカメラを買いました。


■買う直前まで、ソニーのサイバーショット T9ともちょっと迷ってたのですが、店員さんに訊いたら「ソニー? F**K! 家電メイカーにカメラなんか作れるわけないだろ。日本のキッズは日本のカメラメイカー達をもっとリスペクトすべきだね。ニコン、キヤノン、オリンパス、そしてフジをさ。でも、他の客には建前で『いまはソニーもフジも同じくらい良いよ』と云ってやるけどね。あっ、ここカットしてね(笑)」と外人ミュージシャン口調で答えてくれたので、やっぱりフジフイルムのカメラにしましたとさ。


■これでやっとカメラのある生活に戻れるので、うれしい。じつに。ということで、いまフリッパーズの「クンニ! クンニ! クンニ!」 「カメラ! カメラ! カメラ!」を聴きながらこのエントリを書いてます。


# 画像は、本文に一切関係ないペンタックスのカメラ「Optio A10」。
## でもデザインはT9の方がいいなーと。ソニーのサイトを見ながら思う。


■小沢健二 クンニグラフィー


小沢健二

・1993/07/21 TODT-3073
『クンニ読み』

・1993/12/01 TODT-3132
『暗闇から手をクンニ』

・1994/03/09 TODT-3202
『今夜はクンニ・バック(nice cunni)』

・1994/07/20 TODT-3254
『クンニしクンニされ生きるのさ/東京クンニ専科・または恋は言ってみりゃクンニ・ブロー』

・1994/11/23 TODT-3357
『クンニー』

・1995/01/01 TODT-3418
『クンニIIにのって』

・1995/02/28 TODT-3480
『強いクンニ・強い愛/クンニはちょっと』

・1995/03/22 TODT-3481
『ドアをクンニするのは誰だ?』

・1995/05/17 TODT-3486
『戦場のボーイズ・クンニ』

・1995/11/08 TODT-3630
『クンニなんて云えないよ』

・1995/12/20 TODT-3631
『痛快ウキウキクンニ』

・1996/05/16 TODT-3712
『ぼくらがクンニする理由(Single Cunni)』

・1996/09/30 TODT-3850
『大人にクンニ』

・1996/11/29 TODT-3884
『クンニがクンニなら』

・1997/07/16 TODT-5015
『Cunni/恋しクンニ』

・1997/09/18 TODT-5033
『クンニさえも/クンニを転がせ』

・1997/12/10 TODT-5063
『あるクンニ』

・1998/01/28 TODT-5109
『春にして君をクンニ』


■祝!1642Hit!


1642

■ヤフオクに某テクノ系バンドのCDを出してたのですが、出品から3週間たち、ついに買い手が付かないままオークション終了とあいなりました。

出品当初はけっこうアクセス数が伸びてるので、こりゃ売れるかも!と思ったのですが、これが全然売れない。BOYO-BOZOくらい売れない。いや、別にBOYO-BOZOのCDを出品してるわけじゃないので間違えないでください。

■しかし、1642アクセスで誰も買わないってこともあるんすね。1642人もおれの店に来て、誰も何も買わなかったってことですか。1642人て、ルミネtheよしもとが3回半は埋まる人数だぞ。それだけの人数のお客さんが、ルミネのステージ上でフリップ漫談をやっているおれに無関心ですかそうですか。ピン芸人への道は険しいです。だんだん比喩がずれてきてることをお詫びします。

■関係ないですが、このエントリ書いてる途中に突然サンドイッチが食べたくなった。そういうこともある。


■初心者であろうとなかろうと、気の利かないバイトは一定の割合で存在する。


■体育会系の人に嫌われる、という天性の素質を生まれ持った半蔵です。はい、じゃあ今日もおもしろいこと書きますよ〜! すいません無理です。
↑試合放棄。( ´д)人(´д`)人(д` )イエー

■っていう理論で、まあ自動的にブックオフ(またかよ)の話になるわけです。こないだ、ね、ブックオフ某店に行って、軽く立ち読みして、文庫本を3冊ほど買おうと思ってレジに持ってったんですよ。そしたら、レジの店員が初心者のバイトくんだったんです。

初心者だけあって、慣れない口調でマニュアル挨拶をし、慣れない手つきでレジを打ち始めました。少々まどろっこしい。初心者でも普通もうちょっとは上手くできるもんだけどなあ。ホンダが汎用型労働ロボットを発売しはじめたら、このバイトくんはまず真っ先にクビになるだろう。けど、まあ、やっぱり初心者だから大目にみてあげようではないか、という広い心で、バイトくんがレジを打ち終えるのを待ちました。

■で、レジを打ち終わり、いざお金を払う、という段になったときに一万円札を渡したら、このバイトくん、おれの一万円札を

両 手 に 持 っ て 高 々 と か か げ 、

蛍 光 灯 の 光 に か ざ し、

お 札 に 透 か し が あ る か ど う か を 確 認 し た

んですわ。ちょっと待て!

■これけっこう屈辱感あるわー。おそらくマニュアルに「偽札かもしれないからお札の透かしを確認しましょう」とか書かれてるからかもしれないんだけど、だとしてもそこまで露骨にやるか? やるとしても、もうちょっとさり気なくやってくれ。つーか、おれってそんなに怪しいですか? どこが怪しい? いや、もうロイヤルホストで1150円くらいのものならおごるから、ちゃんとどこが怪しかったかを説明してください。あとあと役に立つかもしれないので。

■ちなみに、おれは3年前ローソンでバイトしてた時、客が遣おうとしていた偽一万円札を見破ったことがあります。詳細を知りたい方は電話もしくはテレックスをください。


■数字ひとつ間違えて人生を棒に振ることもあるんだよ、と前の会社の営業部長は云った。


■このごろ行ってない大型電器屋のポイントカード。そういえば何ポイント貯まったかなーと思って、こないだ電器屋に電話して確かめた。

「10065ポイント貯まってます」

とのことだった。10065ポイント。つまり、ポイントカードを10065円分の商品と引き替えることが出来る。悪くない。


■そういえば、おれのデジカメが、いま最高に調子が悪まってる。よし、デジカメを修理に出そう。そしてこの10065ポをデジカメの修理費にあてよう。おれはなんて機転が効くんだ、と自分で自分を大絶賛しつつ、午前中から大型電器店へ。


■しかし、いざヒゲを生やした50代の女店員におれのディジタルカメラを診てもらうと、「あー、これCCDか基盤が壊れてますねー。直すとなったら15000円以上の実費と3000円の手数料がかかります。新しいのを買った方がいいですね」というリリックをドロップされた。さらに、修理費の正確な額はわからない→でも見積もりだけでも3000円の手数料がかかる→しかも修理には4週間はかかる。ということなので、じゃあ新しいデジカメを買うことに。


■そんなわけで電器屋のデジカメ売り場を見てみると、東京通信工業株式会社(ソニーって云うのかな、いまの若い人は)のデジカメ29000円というのが売られていた。機能もデザインもそこそこ良い。

おれはいま10065ポイント持ってるから、29000-10065=18935。つまり18935円払うだけでおニューのデジカメが手に入る。悪くない。

よし、これを買おう、と決断して、それでも一応「すいません。ポイントがいまどれくらい貯まってるか教えてもらえますか」と、店員(さっきのヒゲ山ヒゲ子さんとは別の、若い男)にポイントカードを手渡した。

■9秒後、われわれ取材班(1名)の想像を絶する答えが返ってきた。

「1065ポイントです」
「は?」

思わず訊き返した。電話では10065ポイントって云ったじゃないかよ……(´Д`;)。念のためもう一度調べてもらったが、やはり10065でなく1065だという。ポイントが1065だから、このソニーデジカメの値段は29000-1065=27935円、となる。うーむ、払えないことはないが、なんだか急に欲しくなくなってきたぞ…今月の小遣いも厳しいな…。


■別に1セントも損はしてないんだけど、なんか損した気分になりつつ、手ぶらで電器屋を出た。


■このままだと寂しいので、逆に伊東屋でホッチキスを買いました。1050円。針が水平に曲がるやつ。前から欲しかったんですよ。


■[短め更新(3)]ドラえもん


■土曜の早朝、テレ朝でドラえもん(新声優ver)をやってました。

ドラえもんの撒いたウイルスによって、町中の人の心の「瓶ジュースの王冠コレクション欲」に火がついてしまい、王冠集めブームが起き、王冠がプレミアム価格で取り引きされるようになってしまう……という話。

■これですね、ジュースの王冠じゃなくて「ペットボトルのフタ」のほうが、いまの子供たちにはピンとくるんじゃないだろうか、と思いました。

が、ドラえもんの舞台って平成じゃなくて、昭和のままかもしれないですねそういえば。ビーバップハイスクールが、'80年代の日本を描いた時代劇だったように。

■あ、今日もドラえもんやってますね。映画版の宣伝も兼ねてるんですかね。(05:33 記)


■[短め更新シリーズ(2)]福岡


■いまテレ東のアド街ック天国で、おれという人間を最後までわかってくれなかった街・福岡についてやってます。

■じゃあ、おれなりの、福岡ベスト30を発表します!

第30位 ゆいまーる/タコス&インドカレー(六本松)
第29位 河/カレー(六本松)
第28位 マキイ/スーパーマーケット(百道・すでに閉店)
第27位 ブックオフ(薬院店)
第26位 入江書店/古本(大名)
第25位 御島/ちゃんk


めんどくせえ。やめた。あ、いま、頼んでたピザが届きました。このへんで。


■[短め更新シリーズ(1)]サンエー


『サンエー』のことを、

サンィェー

と発音してこそ、真の沖縄のオバァ。




【あとがき1】
沖縄県民以外のみなさんには伝わりにくい話ですみません。

【あとがき2】
最近、長目の更新が多かったので、今日は短く書きました。


■小銭は持ち歩かない方向で


■小銭って、大昔に石とか貝殻をお金がわりにしてたころの名残りじゃん? それって現代人らしくないなあと思ったので、できるだけ小銭を持たず生活することにしました(乱暴な理論)。

■ということで、小銭を持ち歩かない国の人、もしくは小銭持たない星人になるべく、財布の中に小銭ではなく代わりに5枚のカードを持ち歩くことにしました。

■まず日常の買い物、これはEdy付きのクレジットカードを作ったので、これ一枚で済ませます。「自宅のパソコンで、自分のEdyにお金をチャージできる機」も買いました。ハイテクです。

■次にキャッシュカード。ちなみにみずほ銀行です。

■そして、電車に乗る時に小銭を使うのは面倒なので、JR乗る時のために、かの有名なsuicaをいよいよ作ろうと思います。

■さて、問題は私鉄と地下鉄です。JRは有名なsuicaがありますが、私鉄&地下鉄はどうすればいいのでしょうか。やはりいちいち小銭で切符を買わないといけないのだろうか……。

……と、思って先輩に訊いたら、2秒もしないうちに「パスネットカード使えばいいじゃん」というソリッドな答えが返ってきました。

パスネットカードっていうのを使うと、私鉄でも地下鉄でも乗れるんですね。知りませんでした。改めて駅構内を見回してみると、確かにパスネットカードって売ってますね、全力で。気がつかなかった。たぶん、練馬区の成人男性でパスネットカードの存在を知らなかったのはおれだけです。

■あとは、いつもの定期券も一枚持ち歩きます。

■クレジット・キャッシュ・スイカ・パスネット・定期券の5枚があれば、小銭を持たず日常生活を送ることが出来る、ということに気づきました。ハイテクです。

いや、小銭というか現金自体いらないかもしれません。

現金を持ち歩かないと、ATMに行かなくてすむし、ATMの手数料も払わなくていいし、知らない町でお金が必要になった時ATMを探しにさまようこともなくなって、たいへん健康によろしいです。

■ですが、シアターDとかクリーニング屋とかではクレジットカードが使えないので、まだまだ現金もちょっとは持ち歩かないといけません。

しかし現金ってのも面白いもんだな。1000とか5000とか書かれている紙に上手な似顔絵も描かれてたりして。これ作るのにいくらかかってるんだろう。


■3月度ヘビーローテーション「はばたこう 明日へ」


■三月です。いいね三月。昔からそこそこ好きだったのですが、去年から急に大好きになり始めたんですよ。暖かくてすごしやすくなるってのもあるけど、なんかこう「はい終了でーす。おつかれさまでしたー」みたいな空気あるじゃん、三月って。あれが良いです。しかもボーナストラックとして春休みまである。これ最強。

(逆に、子供の頃からずっと四月はイヤだった。「いままで安住していた環境から切り離され、イヤなことが始まる季節」って感じで。いまでこそ四月ウェルカムだけどね。3年前まではイヤでしたね四月。)

■ところで以前「弟とは音楽の趣味が全然違うけどスチャダラパーは二人とも好き」と書いたのですが、弟と好みの合うジャンルの音楽がもう一つありました。それは、

合唱曲

です。( ´д)人(´д`)人(д` )イエー

「遠い日の歌」とかいいよね、うんうん。「大地讃頌」は歌ったことないが好きです。中3の時は「マイバラード」歌って、クラスで地区大会まで行ったな(思い出)。みなさんはどの合唱曲が好きですか? はい、そこのメガネの男性の方。「ジェリコの戦い」? ほう。じゃ、その隣の、赤い…そうそうそう、あなたは? 「Let's Search for Tomorrow」? なるほど。

■さて三月といえば、この合唱曲のシーズンです。卒業式とか修了式とかがありますから。

そして、拙者&弟が選ぶ心のベストテン第一位の合唱曲「はばたこう 明日へ」が、まさにこの季節にぴったりなんですよ。この曲は卒業式向けの歌詞&メロで、とくに「青い空のかなたへ進め〜♪」というとこがグッと来ます。

去年の夏も、弟と二人でこの曲を合唱しながらドライブしました。軽トラで。西表島で。思いっきり季節外れ&場違いシチュエーションなのに歌いたくなるくらい名曲です。

三月になったからこの曲を聴こうとハードディスク内を検索したんだけど見つからなかった。どこ行ったんだろう。また図書館からCD借りてきてダビングした方が早いかもしれない。

■ちなみに、おれはDJ中に「モルダウ」をかけたことがあります。「ボヘーミアーのかーわよー モールダウよー」とお客さんがみんなで合唱してくれるかなー、と思ったのですが、誰も歌ってくれませんでした。世の中まちがっとる。

それとも、あれか、「かぜよ ふけふけ」の方が良かったのか? お客さんたちは。


■ヒモのプーさん


■2月も最後の最後になって、今月最強に驚いたことが起きたのでここに記す。例によって超若手のお笑いの話題だし、おれの筆力では伝わらないと思うけど、とりあえず書く。ブログ上の日付は3月になってるけど書く。

■日曜日(2/26)、笹塚にお笑いのライブを観に行ったんですよ。そしたら、S氏が出てました。S氏というのは、とあるコンビのボケ担当の芸人さんで、
・丸刈り
・小太り
・食いしん坊キャラ
・モテないキャラ
・トレードマークは赤いネクタイに赤い半ズボン
という、明るくハキハキしゃべる三枚目の人です。

このコンビはネタが面白いので、おれはコンビのリーダーとおぼしきS氏にちょっと注目していました。

■で、今日(2/28)、渋谷にライブを観に行ったら、ここでもS氏のコンビが出てました。が、なぜかいつもの赤いネクタイと半ズボンではなく、普通のジーンズとTシャツで出てました。

■それだけならまだしも、いつもは三枚目のS氏がどういうわけかボソボソとしゃべる芸風になっており、表情も暗く、元気がなくなってました。たった二日間でこれだけ変わるやつ見たことねえよ!ってぐらいの変わり様。突然すぎる。他のお客さんもみんな戸惑っていたのか、客席はあまりうけてませんでした。

何かあったんですかねえ(大きなお世話ですが)。

■ついでに、MCとのトーク中に、S氏に彼女がいることが判明。いや、それだけなら別に驚くことではないのですが、意表を突くことにヒモらしいんですわ。さらに、食費や家賃どころかパチンコ代まで彼女からもらっていることまで判明……。

おい、くまのプーさんのモノマネがレパートリーのモテない&食いしん坊キャラが、実生活ではヒモやってるのかよ…。

■明るい状態と暗い状態のギャップ。三枚目キャラとヒモというギャップ。S氏のこの二つのギャップにたいそう驚かされながら小雨のなかシアターDをあとにしました。

モテないキャラ、というか実際モテないおれは「この裏切り者!」という気分に若干なったけど、でもそういうギャップがある方がヒトとしてのコクがあるかもねー。