■2017/12/29〜2018/1/4は冬休みで沖縄。

■gocoupのシングルは2018年に持ち越し。

■こちらもぜひ。
https://soundcloud.com/hanzo_tv/

■十二月大歌舞伎 夜の部 12/7


■昨日(12/6)は『にっぽんの芸能』で日舞版のピノキオを見て、今日(12/7)は歌舞伎座でカブキ版の白雪姫を見てきました。ピノキオと白雪姫。なんかディズニーっぽい並び。


■歌舞伎のほうの『白雪姫』はですね、けっこう楽しめました。童話の世界と歌舞伎の世界がいい具合に交じってて。

最後は王子様と結ばれてハッピーエンドの白雪姫と、「自分が世界で一番美しい」という概念にとり憑かれたままの野分の前、の描き分けが対照的でした。

野分の前が、世界で一番美しいのは誰かと鏡に向かって問うのですが、これってまあ一種のエゴサーチなんだろうなと思った。自分が望む検索結果が得られなくなった野分の前は、それでも「世界で一番美しい自分」という自己像を手放すことができず、白雪姫を殺すことを思いついて、失敗して、ついには鏡からも見放されます。ひとつの価値基準にこうまで執着しすぎるっていう態度がなんか現代っぽいよな。あと、自分自身を厳しすぎる基準で採点する人生って、調子いいときはいいけど、そうでないときはしんどいと思う。


■玉三郎、虎太郎、梅枝、の三人で琴を弾く、という珍しい場面があって、ここは昼の部の『阿古屋』のCMでもあるかもしれない(笑。そう、昼の部Bプロしか切符買ってないんだよなー、おれ。Aプロも見たいんだけど…)。

七人の小人(妖精)を子役七人が演じるのですが、けっこうストーリーを引っ張る役どころなんですね。子役の誰か一人を大人にすれば、舞台がより引き締まった感じになると思う。橘太郎とか。橘太郎はちょっと違うか。でもまあ十代後半くらいの役者とか。しかしこの七人の小人は歌が上手い。


■白雪姫の前の演目は『神霊矢口渡』。梅枝ががんばってました。お舟はほぼ出づっぱりで、しかも愛嬌のある部分からシリアスな部分まで全部こなさなくちゃいけないから大変な役だよね。


■明日は国立劇場です。


■Mac Finder 重い [検索]


■椎名林檎「本能」のジャケ写みたいにiMacのモニターをぶち割りたくなるときありません? 拙僧はあります。MacのFinderが固まったときです。

本能

あ、FinderってのはWindowsでいうとこのエクスプローラーね。ブラウザじゃなくて、パソコンの中のファイル名をずらずらずらと表示してくれるやつね。Finder、それが固まって動かなくなることがある。クリックしても永久にレインボーカーソルがくるくる回り続けるだけ。

個々のソフトウェアが動いたところで、Finderが動いてくれないとめちゃくちゃ不便なんですね。


■先日、会社のiMacのFinderの調子があまりにも悪く、うんともすんとも云わなくなり反応しなくなったので、Apple社のサポートに電話(グラハム・ベルかエリシャ・グレイのどっちかが発明したやつ)するなどしました。

電話で何回か話したところ、Appleの人も原因はよく分からないのでとりあえずOSを上書きインストールしましょうということになりました。


■で、OS上書きインストール後の数日は、Finderはきちんと動作してたんだけど、今日の朝、またFinderが盛大に固まった──。おい。

何回か再起動したら直ったけど、でもさー、そもそもなんで固まるんだFinder。仕事にならんぞ。


■先輩にこのことを話したら「あー、たまにFinder固まる。でもMacを一日ほっとくと治るよ。だから一日ほっとけばいいじゃん(いいじゃん)」って云われた。うーむ。そんなものなのか。Macはわからん…。





■'90年代のころはさ、Macが遅くて処理に時間がかかってる様子を「人間らしく考え込んでいる。そこがMacっぽい」って表現する人がほんとにいたとかいないとか。まあ実際、そういったことが云えるくらいには心にゆとりあるお金持ちしか買えないキカイだったんだろうね。


■所ジョージとプラスチックス(2)


■所ジョージの最初期のレコードでは、中西俊夫と佐藤チカが所さんのスタイリストを務めています。と以前のエントリにも書きました。中西俊夫と佐藤チカと云えばプラスチックスですが、いったいなぜ所さんとプラスチックスがつながるのでしょうか。

──という人類史最大の謎が、ちょっとだけ解けました。

先日、湯舟につかりながら物の本を読んでたところ、プラスチックスのことが出てたんですね。そしたら、プラスチックスのメンバー・島は宇崎竜童とともに事務所をやってた人ということが書いてありました。で、所さんは、たしか宇崎竜童の子分格というか前座として音楽活動を始めたはず。ダウンタウンブギウギバンドのメンバーがのちに所さんのバックバンド「NASTY」に関わったりもしてるしね。

なので、所さんと(のちの)プラスチックス人脈が接触する土壌はもともとあったのですね。のちに佐久間正英が所さんのシングルをプロデュースしてたりします。しかしダウンタウンブギウギバンドとプラスチックスって、だいぶ近いところ(というか同じところ)にいたんですね。これは知らなかった。なかなかイメージつながんないよなー。笑


■で、先日の『情熱大陸』所さん回、公式の見逃し配信で4回くらい見ました。笑

番組の中では、所さんがギター片手に歌を作る様子も流れてました。ナレーション曰く、「作った楽曲は千を越え、リリースしたアルバムは四十に及ぶ。とくにヒット曲はない」。辛辣かよ。

作った楽曲が千、というのは、ちょっとフカしてるようにも思えますが、でもテレビ番組で即興で披露した曲とか、現在もYouTubeで配信してる曲も合わせると、まあ結構な数にはなると思う。ライブだけでしかやってない曲とかも多々あるだろうしね。そもそも40年以上オンガクやってる人だからね。
年間25曲作ってたらたしかに千は超えますね。

リリースしたアルバムは四十とのことですが、wikipediaによるとオリジナルアルバムが28枚、ベスト盤が8枚なので、まあ四捨五入すると四十ですね。今後も作っていくでしょうし。

で、「とくにヒット曲はない」←これはまあ、確かにそうですね笑。こんだけ毎日毎日テレビ出てるのに、所さんがオンガク作ってること自体知らない人は多いですからね。

ちなみに所さんは、クルマの中では自分の曲しか聞かないらしい。


■おれが最近いちばん好きな所さんの曲は「僕のハーレー」って曲です。かっこいいよ。『本物』ってアルバムに入ってます。


■渋谷で誤字


Cristmas

渋谷某所で昨日見かけた誤字。「クリスマス」の綴りが…。


3℃

しかし今日は寒いです。みなさんも風邪など引かれませぬよう。


■オーディオ・チェック・レコード専門店、うがい用品専門店


オーディオ・チェック・レコードの専門店を銀座に開くのが夢なんですが、うがい用品の専門店を開くのもいいかもしれない。と、ふと思った。

うがい薬とか、紙コップとか、普通のコップとか、まあ、なんか、うがいにまつわるもの、まつわりそうなものをいろいろと並べたい。

うがい一本で銀座でやっていけるのか、という不安はないわけではないけど、銀座にはすでに歯ブラシ専門店があるので、うがいグッズ専門店もそこそこやっていけるかもしれない。

どっかの物好きな金持ちの老人が出資してくれるといいんですが。





■体調は良くなりました。体調悪いときはさー、ちょっと冷たい風が吹いただけで寒さが皮膚を通りこしてダイレクトに骨身に沁みてたんだよね。いまはもう、そこまで寒くないです。飲み残した薬も、もう捨てていいな、これ。

医者からは加湿器を買うようにと云われてるので、早めに買おう。



1/589 >>