■2017/8/11〜20は夏休みで沖縄です。14〜16は石垣島、と思いきや意外に宮古島。


■gocoupのシングル今秋完成予定です。

<< ■しかしエースコックのロゴはアルファベットよりカタカナのほうがどう考えても読みやすいですよね | 【トップページへ戻る】 | ■(´・ω・`) >>

■橋之助、仁左衛門、二日続けて国立劇場


■10/21の土曜日は、某所某店で、可もなく不可もない、じつに中くらいのローストビーフ丼を食べて(あ、大野ではありません。大野はつい先日はじめて食べたけどおいしいと思います)から国立劇場へ。伝統歌舞伎保存会という秘密結社の研修発表会。『熊谷陣屋』。

いや、橋之助の熊谷直実が良かった! 初役(だよね?)らしい藤井隆ばりのフレーーーッシュさの中にも、かつ、すでに安定感らしきものも備えてるような。見た目もよくてね。正直、お父さんの熊谷直実超えちゃってる説。

これはおれ個人の感覚的なあれだから、無視してくれていいけどさ、橋之助は、手持ちの才能でちゃちゃっと済ませるんじゃなく、しっかり練習を重ねた、その成果が表れていたと思う。ごめんね、具体的なこと書かず、抽象的な感想文ばかりで。悪いか。


■で、翌10/22の日曜日。諸般の事情で神保町のスタバ(今週で閉店らしい)に寄って茶を飲んでから、この日も国立劇場。仁左衛門の『霊験かまぼこ山』という芝居を見てきた。

──霊験亀山鉾のことかな (゚д゚ ) (゚д゚ ) (゚д゚ ) カメヤマホコ

気がついたら切符がけっこう売れててさ、高い席しか残ってなかった。ひたすら仁左衛門を眺めていたい、という人類共通の要求に応える芝居。素直に仁左衛門を眺める。よいではないか。

ピカレスク、というのか、ヴィラン、というのか。すいませんハイカラな舶来語ならべちゃって。ま、悪漢譚ですね。周囲の善人がたくさん殺される感じの。

廓とか、世話場とか焼き場とか、祭りの場面とか、いろんなシーンが詰め込まれてるけど、バランスがいいので4時間あるけど見やすかったです。こんな感じでいいですかね、『世界の亀山モデル』の感想文は。

──AQUOSかよ (゚д゚; ) (゚д゚; ) (゚д゚; ) カメヤマシカアッテナイ


■ところでさ、思ったんだけど、ダンマリやるときさ、照明を完全に落として、ほんとうにほんとうの真っ暗闇の中でやる、ってのはどうですかね。

──音楽しか聞こえないだろ… (´д`; ) (´д`; ) (´д`; )