■2016/12/29〜2017/1/3はパリではなくバリにおりました。

<< ■春日部駅通り 名曲堂 | 【トップページへ戻る】 | ■オードリー、アルピー、三四郎、他。半蔵のラジオ離れ。 >>

■超歌舞伎、俳優祭


■幕張で超歌舞伎見てきました。13時からの回。

主な感想は、昨年と同じです。手短にまとめるとカブキとNTTってすげーなー、ということです。すいません手短すぎますね、これ。

だから、最新の電子的なカラクリや、初音ミクのようなサブカルチャーをも呑み込める歌舞伎っていうフォーマットが、ね、すごいですし、この不景気なご時世に、こういう藝事にお金を出してくれるNTTは偉い。

桜咲く夜の吉原の街を、ドローンカメラでパーッと撮ってったようなCGが良かったです。こういう表現、歌舞伎座ではやってないしね。

獅童はエンディングで、客を煽るだけじゃなく、歌うなり踊るなりするのも見てみたい。

で、超歌舞伎の後は、「にゃんごすたー」が生ドラム演奏をやってるブースをちょっとだけ見学して帰宅。

家で16時からの超歌舞伎をニコ生で見ました。


■で、夜は夜でテレヴィジョンで俳優祭なる営みを放送してまして。

・チケットがまあすぐ売り切れる
・しかも高い
・しかも年度末の平日に開催
・ちなみに開催は数年おき。毎年やってるわけではない

という、前世でよほど徳を積んだ人じゃないと入場できないイベントなので、前世であんまり徳を積まなかった拙僧はとうぜん見に行けません。なのでテレビでやってくれるのは助かる。でも一回くらいは生で見たいな。前世でもっとがんばっておけばよかった…。