■2017/12/29〜2018/1/4は冬休みで沖縄。

■gocoupのシングルは2018年に持ち越し。

■こちらもぜひ。
https://soundcloud.com/hanzo_tv/

<< ■元日の玉三郎特別公演 | 【トップページへ戻る】 | ■適当手帳/歌舞伎座の120年展 >>

■わが心の歌舞伎座展/『摂州合邦辻』『達陀』十二月大歌舞伎


■先週の土曜日。日本橋の三越と間違えないようにしながら日本橋の眦膕阿惺圓辰董『わが心の歌舞伎座展』を見に行ってきました。その名のとおり、歌舞伎座にまつわる展覧会です。というか、このタイトルで歌舞伎座にまつわらない展覧会だったらすごいです。

会場内には、歌舞伎座一階に敷かれていたジュウタンが敷かれていたり、歌舞伎座で使用されてた座席が置かれてたり、と、歌舞伎座に関するブツがいろいろ展示されてたんですね。

で、会場に足を踏み入れると、なんというか「芝居を見に来た!」という晴れがましさというか、昂揚感というか、そういう歌舞伎座にはあった感覚が17〜21%くらいよみがえってきました。この感覚が、新橋演舞場にはそんなにはない。南座にはまだある。

この歌舞伎座の感覚をちょっとなりとも味わえたので、行った価値がありました。

そうそう、揚幕+花道を再現したセット、ってのもあった。


■その後、GHQっぽい町に移動して日生劇場へ。十二月大歌舞伎。

『摂州合邦辻』は、大詰めのとこだけ五月の松竹座で見たのですが、通しで見るのは初めて。良かった。


■さて『達陀』ですが。

「後半の群舞はいささか微妙な感じがした。'67年に書かれた作品だそうですが、たぶん振り付けや音楽や照明も当時のセンスなんだろうな。そのころの“最先端”がこの'10年末にも有効かというと、うーん…。

おそらくは、“クラシックなもの”と“モダンなもの”の対比を見せようとしたんだけども、そのモダンがもうモダンとして機能してないため妙なことになってるんじゃないか。

ドッタンバッタンと舞台を踏み鳴らす音も耳障りだと思った。躍動感とかダイナミズムとか迫力とかを表現するのなら、もっと他にやりようがあるのではないか。でも、幻想的なセットは良かった」

と、うちの近所に住んでる野良猫が云ってました。


■以上です。

そして本日は休日出勤。('A`)